トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句

(6月号より)
ネット作業に関わっている同人や、オフ句会でお馴染みの同人たちの句を紹介させて頂きます。
酒井とし子   鳥曇小舟で渡る朝の弥撒
安藤 一紀  開帳の鐘の余韻や関の町
松井 徒歩  大阪のネオン川面に西東忌
奥山ひろ子  繕へるサッカーゴール草青む
 貫名 哲半   花疲れ煮豆逃げたる箸の先
玉井美智子  磯の香の湯気吹きあがる寒天場
高橋 幸子  地に枝に石に触れゆく初黄蝶
長崎マユミ  花冷や城にあまたの隠し部屋
関根 切子  墨堤に船待つ桜隠しの夜
熊澤 和代  猿楽の郷を貫ぬく雪解川
武藤 光晴  春の雲泰然として温和なり
野島 秀子  日を返すあら鋤の田や初雲雀
伊藤 範子  誓子忌や母に誓子の選一句
国枝 洋子  土筆摘むみどりの花粉まきちらし
渡辺 慢房  惜春やほのりと甘き玉子焼
坪野 洋子  新調の靴の軽さよ春来たる
新井 酔雪  春風や空を呑みこむ河馬の口
国枝 隆生  綾子句碑裾の菫をいとほしむ
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.