トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句 俳ランドの俳句
9月号より)
ネット作業に関わっている同人や、オフ句会でお馴染みの同人たちの句を紹介させて頂きます。
梶田 遊子 目高飼ふ現場詰所のガラス鉢
松井 徒歩 図書館の静かに混めり半夏生
荒川 英之 騎馬戦の吾子見失ふ夏の雲
東口 哲半 時化の沖見つむる漁師明易し
岡田 佳子 水源の岩屋のしづく青葉闇
玉井美智子 熊蟬や静もる午後の相撲部屋
高橋 幸子 分蜂の渦巻く羽音梅雨の晴
長崎眞由美 下駄鳴らし夜の散歩や桜桃忌
関根 切子 食堂の競馬中継夏つばめ
熊澤 和代 江ノ島や雨に栄螺を焼く匂ひ
武藤 光晴 丹精の胡瓜見事に反り返る
野島 秀子 村眠る梅雨満月の八ヶ岳
伊藤 範子 人波に押され夜店の雑踏に
内田 陽子 基地に立つ七夕竹と星条旗
八尋 樹炎 手の届く限りの高さ枇杷を捥ぐ
鈴木みすず 緑青の浮きし山門若葉風
渡辺 慢房 星々をめぐる童話やハンモック
藤田 岳人 割り箸で西瓜の蔓の位置決むる
中野 一灯 海開き近き槌音小屋普請
伊藤 旅遊 長々と山椒魚の物おもひ
坪野 洋子 釣人に沖の峰雲仁王立ち
矢野 孝子 拾うては捨つる棒切れ夏野行く
国枝 隆生 黄八丈似合ひし人よかきつばた
河原地英武 鱧天や祇園の空は青く暮れ
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.