トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句

(9月号より)
ネット作業に関わっている同人や、オフ句会でお馴染みの同人たちの句を紹介させて頂きます。
酒井とし子   十薬や校舎の裏の小暗がり
橋本ジュン  ふらここに並びて漕がず父娘
安藤 一紀  早乙女の頬に乾ぶる泥の粒
松井 徒歩  涼風や力士胸張る場所帰り
奥山ひろ子  犬と待つ引つ越しの荷や梅雨晴間
貫名 哲半   作業帽干せる農小屋柿の花
玉井美智子  尾を垂らし三光鳥の抱卵期
高橋 幸子  手に丸き母の石なり梅漬くる
長崎マユミ  遺伝子の専門書読む半夏生
関根 切子  ゴム長を揃へ漁師の昼寝かな
熊澤 和代  手囲ひを解けばふはりと夕螢
武藤 光晴  四迷忌や終活なんて糞喰らへ
野島 秀子  茅の輪組む宮司白布のたすき掛け
伊藤 範子  青墨のほどよき滲み夏見舞
国枝 洋子  マスクしてうたふ賛美歌梅雨深し
渡辺 慢房  レコードの波打ち回る酷暑かな
坪野 洋子  万緑へ疫退散の鐘の音
新井 酔雪  山里の竈の煙や蛇苺
国枝 隆生   夏蝶のもつれて光散らしたり
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.