トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句


(1月号より)
ネット作業に関っている同人や、オフ句会でお馴染みの同人たちの句を紹介させて頂きます     
伊藤みつ子  色変へぬお宮の松や鳶舞へり
長谷川妙好  出航の銅鑼吸はれゆく霧襖
山田万里子  虫の夜やバカラグラスの掌に重き
酒井とし子  秋うらら寺の厠にココシャネル
安藤 一紀  供出の像の台座や秋日濃し
松井 徒歩  研ぐ度になじむ鋏や涼新た 
奥山ひろ子   一万歩紅葉晴来てオムライス
玉井美智子  篝棒立て中乗りの舟支度
高橋 幸子  ビオロンの弦すべる指月の窓
長崎マユミ  新涼や緑眼透ける深海魚
関根 切子  ハロウィーン新幹線にお化けの子
武藤 光晴  十六夜の月散る海や松に風
野島 秀子  布施屋跡亡きちちははに栗拾ふ
伊藤 範子  鳥渡る島の戸毎に蘇民札
渡辺 慢房  ポケットの中で繋ぐ手落葉道
坪野 洋子  濡れ縁に開く句集や秋の声
新井 酔雪  木の実落つベンガラ塗りの古墳石
国枝 隆生  明日香野の案山子に見られにぎりめし