トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句 俳ランドの俳句

(5月号より)
ネット作業に関わっている同人や、オフ句会でお馴染みの同人たちの句を紹介させて頂きます。
太田 滋子  春日背に桃色の布裁断す
新井 酔雪  泥乾く手の甲痒し田芹摘
松井 徒歩  測量の声の飛び交ふ春の土手
奥山ひろ子  ゆるめたる真紅のリボン大試験
東口 哲半  花種をあまた吊るせる押し車
玉井美智子  風花や青竹で組む芝居小屋
高橋 幸子  炉の灰を山畑に撒く日和かな
長崎眞由美  春星や平和を問ひし兜太逝く
関根 切子  ひもすがら猫とじやれをり春の風邪
熊澤 和代  蠟梅に鼻寄せて息透き通る
武藤 光晴  畦踏めば真に李白の寒月光
野島 秀子  搾乳の菅の弾みや春近し
伊藤 範子  梁黒き鍛冶師の小部屋雛飾る
内田 陽子  鷹鳩と化して鎮もる天皇陵
国枝 洋子  教会にみどりごの声春立てり
渡辺 慢房  亀鳴くや禁煙の字の流暢に
坪野 洋子  岩のごと犀の居眠る日永かな
国枝 隆生  豆腐屋の喇叭朧の路地曲る
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.