トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句

(5月号より)
ネット作業に関わっている同人や、オフ句会でお馴染みの同人たちの句を紹介させて頂きます。
酒井とし子   海光へ蛸干す島や四温晴
安藤 一紀  芝焼きのちひさき火の手走りけり
松井 徒歩  公園の富士山越ゆるしやぼん玉
奥山ひろ子  猫の声交じるリモートうららけし
貫名 哲半   春日向絵筆を濡らす水溜り
玉井美智子  卒業の答辞読むてふ子の知らせ
高橋 幸子  幹に聴く春の水音山辛夷
長崎マユミ  梅白し弁財天の琵琶の艶
関根 切子  沖の船眺めて飽かず菜の花忌
熊澤 和代  薄氷を回して水のやはらかし
武藤 光晴  凧の空なべて上総の山低し
野島 秀子  柊挿す鍛冶屋の戸口屈み入る
伊藤 範子  飛び石を走る少年柳の芽
国枝 洋子  ふるさとの海へ黙祷春寒し
渡辺 慢房  ボール拭く補欠部員や春夕焼
坪野 洋子  若草へ伸びたり山羊の結び紐
新井 酔雪  髭剃りのひりつく頬や冴返る
国枝 隆生  草の葉を噛みて薄氷流れけり
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.