トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句

(11月号より)
ネット作業に関わっている同人や、オフ句会でお馴染みの同人たちの句を紹介させて頂きます。
太田 滋子  締め直すジョギングシューズ鰯雲
新井 酔雪  秋霖や板書のチョークよく滑る
松井 徒歩  蜩や天女のあらはなる背中
奥山ひろ子  秋雨の斜めに降れり一番線
東口 哲半  花街を貫目氷の台車駆く
玉井美智子  蝙蝠の次第にふゆる野外能
高橋 幸子  稲の花零るる道を酒蔵へ
長崎眞由美  樹下に置く尼の自転車赤とんぼ
関根 切子  ごはごはのジーパン畳む秋暑かな
熊澤 和代  一雨の雫連ねて蜘蛛の糸
武藤 光晴  砂被る廃れ漁船や盆の波
野島 秀子  夜念仏果つる山里星月夜
伊藤 範子  調律師涼しき音を奏で去る
内田 陽子  クレヨンに昭和の匂ひ厄日過ぐ
国枝 洋子  猛暑見舞とてふるさとのずんだ餅
渡辺 慢房  夜業果て割り箸で食ふナポリタン
坪野 洋子  初鴨来朝の光を散らしつつ
国枝 隆生  鰻の日カラヤン聞きて独り酌む
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.