トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句

(9月号より)
ネット作業に関わっている同人や、オフ句会でお馴染みの同人たちの句を紹介させて頂きます。
安藤 一紀  蟻の道またぎ郵便受け覗く
八尋 樹炎  転居して聞く玄海の夏怒涛
太田 滋子  湯上りの足を投げ出す夏座敷
松井 徒歩  立読みに眼鏡を掛くる小暑かな
奥山ひろ子  梅雨冷の社切火の音高し
貫名 哲半  汗の手に絡め荷台のロープ引く
玉井美智子  夏霧の昇竜めきて尾根走る
高橋 幸子  谷川の瀬音間遠に小梅捥ぐ
長崎マユミ  弁天の御座する島や枇杷熟るる
関根 切子  花柄のすててこ干せり相撲部屋
熊澤 和代  足元の草に沈みぬ恋螢
武藤 光晴  ピーマン植う青椒肉絲食べたくて
野島 秀子  バス停にチェロ負ふ少女青田風
伊藤 範子  ただいまと言へば金魚の泳ぎ出す
国枝 洋子  高潮に錆びし鳥居や半夏生
渡辺 慢房  モジリアーニの女の視線梅雨深し
坪野 洋子  眠りつく赤子へ簾越しの風
新井 酔雪  峠まで日を照り返す植田かな
国枝 隆生   沢音の林を縫うて柳絮飛ぶ
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.