トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句 俳ランドの俳句
12月号より)
ネット作業に関わっている同人や、オフ句会でお馴染みの同人たちの句を紹介させて頂きます。
梶田 遊子 老いてなほ母手づくりの冬瓜汁
松井 徒歩 色町を抜けて寺町夕月夜
荒川 英之 荒鹿と旅のしをりを引つぱり合ふ
東口 哲半 埠頭へとロープ渡せば蜻蛉来る
岡田 佳子 秋風や芥に混じる蝶の羽
玉井美智子 秋空や自転車で訪ふ碧の墓
高橋 幸子 栗の渋剝きて小粒となりにけり
長崎眞由美 ざくろ爆ず道三塚の片隅に
関根 切子 引つ越しの荷をまた数ふ虫の夜
熊澤 和代 秋蟬や門扉朽ちたる皇女墓
武藤 光晴 くつきりと鼻緒の痕や日焼の子
野島 秀子 実り田へ義太夫流る野文楽
伊藤 範子 正座して糸瓜仰げり子規の部屋
内田 陽子 鰐口の一打の余韻秋夕べ
八尋 樹炎 渓流の匂ひや橡の実の青し
鈴木みすず 秋天へ厚き蔵窓開け放つ
渡辺 慢房 緩やかな畔のうねりや曼珠沙華
藤田 岳人 ワイン酌む切子のグラス秋初め
中野 一灯 霧籠めの月山講や鈴の音
伊藤 旅遊 三国志枕辺に積む夜長かな
坪野 洋子 秋燈へ桶屋の飛ばす鉋屑
矢野 孝子 手折りたる芒に風の付き来たる
国枝 隆生 小振りなりはがね光りの初秋刀魚
河原地英武 木曽殿の塚の湿りや菊日和
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.