トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句 俳ランドの俳句
会員の俳句
(9月号より)
「伊吹集」(会員作品)の巻頭・次席・三席の作者および作品を紹介しています。
桐山 久美子(瀬戸) ミニ薔薇の咲き満つる朝テロ報ず
齊藤 眞人(さいたま) コロッケの匂ふ谷中や夕薄暑
青山 満江(瀬戸) チェンバロの音色涼しき一人の夜
(以下は4句入選者住所順です)
藤田 幸子(静岡) 碁敵の集ふ四阿蓮の風
田倉 浩美(名古屋) 噛み合はぬ父母の会話や梅雨湿り
嶋田 尚代(大府)

干し若布筵でくるむ夕間暮

工藤 ナツ子(大府) 無住寺に軍馬供養碑苔の花
石橋 忽布(豊中) 復興は遅々と進まず梅雨入雲
川端 俊雄(枚方) 老鶯の次のこゑ待つ沼の照り

                  
「山彦集」(課題句 課題: 夏野・明易・茄子の花)
特選の作品を紹介しています。
工藤 ナツ子(大府) 大夏野岬へつづく馬防ぎ
山﨑 育子(日進 明易し故郷の宿の豆枕
鎺 恵理子(奈良) 庭下駄の湿り足裏に茄子の花
      
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.