トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句
会員の俳句
(7月号より)
「伊吹集」(会員作品)の巻頭・次席・三席の作者および作品を紹介しています。
 青山 美佐子(瀬戸)  路地奥の仄と明るし藤の花
 山﨑 育子(日進)  飛花落花被曝の国へ戻る人
 川島 和子(日進)  花の昼パリから届くエアメール
(以下は4句入選者住所順です)
 藤田 幸子(静岡)

 花筏分けて進むや手漕舟

 小木曽 フジヱ(名古屋)  師の句碑へ誘ふ花の並木道
 加藤 剛司(名古屋)

 燕来る塩街道の駐在所

 本多 俊枝(日進)  春容のナポリの海や大落暉
 川端 俊雄(枚方)

 花嫁の大きな笑窪風光る

 山田 万里子(京都)

 ロボットの掃除を見張る四月馬鹿 

 はばき 喜世多(奈良)  椀に盛る大蛤の匂ひ濃し

                  
「山彦集」(課題句 課題: 桜貝・母子草・風船)
特選の作品を紹介しています。
 安積 敦子(東郷)  就寝(うまい)児の小さき手の中さくら貝
 伊坂 壽子(静岡  父母のなりそめ知らず母子草
 野瀬 ひろ(名古屋)  息入れて息の重さや紙風船
      
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.