トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句
会員の俳句
(7月号より)
「伊吹集」(会員作品)の巻頭・次席・三席の作者および作品を紹介しています。
 長谷川妙好(名古屋)  あふれ来る沢の水嵩花辛夷
 佐藤がか女(愛西)  物言へぬ姉を看取りて春終る
 井上千保子(名古屋)  春障子象牙のひかり放ちをり
(以下は4句入選者住所順です)
 瀬尾 武男(横浜)

 地下足袋で踏む芝ぬくし朝の庭

 加藤 剛司(名古屋)  のどけしや煙草屋で買ふ遊漁券
 佐藤多嘉子(犬山)

 手を伸ばし園児触れゆく糸桜

 花田紀美子(犬山)  さみどりの風に乗りたるシャボン玉
 大津千恵子(瀬戸)  土筆摘む緑の胞子こぼしつつ
  山田万里子(京都)  春埃書架に『ペスト』の黄ばみたる
  鎺 えり子(加茂)   振りおろす鍬先光る春田打

                  
「山彦集」(課題句 課題: 桜餅・山吹・啄木忌)
特選の作品を紹介しています。
 齊藤 眞人(さいたま)  墨堤の風に吹かれて桜餅
 花田紀美子(犬山  山吹の道を廻れば母の家
 山田万里子(京都)  腕貫にインクの染みや啄木忌
       ※「啄」の字は変換できませんでした。一画多い文字です。
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.