トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句
会員の俳句
(9月号より)
「伊吹集」(会員作品)の巻頭・次席・三席の作者および作品を紹介しています。
 仲宗根美智子(那覇)  炎帝に挑むシーサー眼剥き
 朝倉 淳一(北名古屋)  金亀子洗濯籠を飛び立てり
 桐山久美子(瀬戸)  ふらここの背押しやれば児は風に
(以下は4句入選者住所順です)
 松永 和子(静岡)

 満載の移動図書館青葉風

 稲石 治子(蒲郡)  蓮池の水を濁して鯉寄り来
 長谷川妙好(名古屋)

 遠き日の恋閉ぢこむる香水瓶

 山口 茂代(名古屋)  湾越ゆる朝の噴煙棕櫚の花
 吉田 春陽(名古屋)  みくる世を少女訴ふ慰霊の日 
  横井 正子(名古屋)  禅林の波打つ白砂沙羅の花
 安藤富基恵(瀬戸)  晴れ切つて庭の苺の濃く匂ふ

                  
「山彦集」(課題句 課題: 夕立・水馬・紫陽花)
特選の作品を紹介しています。
 遠藤 明世(名古屋)  大夕立屋根に魔除けの鬼瓦
 通木 敏弘(あま  池の面の雲に乗りたる水馬
 宮田 宗子(名古屋)  紫陽花やゆるき坂なす裏参道
                     
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.