トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句
会員の俳句
(5月号より)
「伊吹集」(会員作品)の巻頭・次席・三席の作者および作品を紹介しています。
 小川ミヅホ(岩倉)  彫像と手を繋ぐ子ら風光る
 稲石 治子(蒲郡)  春潮に研がれし艶や虚貝
 西村のぶこ(大府)  旋盤の青き油煙や木の芽冷
(以下は4句入選者住所順です)
 つのだひろこ(名古屋)

 つれづれをひとりオセロや春の宵

 葉山 文子(北名古屋)  百本の水仙活けて客待てり
 杉浦 國子(江南)

 陽の色を吸ひて臘梅咲き満てり

 鎺 えり子(奈良)  飼犬の毛艶ほめ合ふ日永かな 
 有井真佐子(広島)  てつちりや潮目渦なす壇ノ浦
 
   

                  
「山彦集」(課題句 課題: 節分・猫柳・春浅し)
特選の作品を紹介しています。
 齊藤 眞人(さいたま)  節分や茶碗で土佐の鬼殺し
 溝口 洋子(瀬戸  単線の長き停車や猫柳
 瀧川千鶴子(名古屋)  捨て猫にしつらふ寝床春浅し
                     
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.