トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句
会員の俳句
(9月号より)
「伊吹集」(会員作品)の巻頭・次席・三席の作者および作品を紹介しています。
 西川 満寿美(静岡)  新樹光少年院の母子像に
 丸山 節子(日進)  子規庵の朝の光に水を打つ
 山﨑 育子(日進)  さなぶりや薬缶で回す結ひの酒
(以下は4句入選者住所順です)
 齋藤 眞人(さいたま)

 玉を解く芭蕉に海の風強し

 立川 まさ子(静岡)  里山に夏雲湧けり夫の荼毘
 市川 悠遊(名古屋)

 持てあます晴着の袂氷菓舐む

 久田 裕美子(名古屋)  汗拭くや鳥打帽にペン挿して
 吉田 かずゑ(三重)

 夕焼けて朱色深まる守礼門

 有井 真佐子(広島)

 喪の家の裏に玉解く芭蕉かな 

 宮城 一起(那覇)  農小屋の梁に張りつく守宮かな

                  
「山彦集」(課題句 課題: 虹・サイダー・落し文)
特選の作品を紹介しています。
 河村 仁誠(愛西)  熱気球潜り抜けたる虹の橋
 天野 アイ子(津島  梅花藻の流れに冷やすサイダー瓶
 溝口 洋子(瀬戸)  落し文雨に濡れをり遠流の地
      
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.