トップページへ戻る
TOPページへ戻る 伊吹嶺紹介 主宰紹介 同人の俳句 会員の俳句
会員の俳句
(6月号より)
「伊吹集」(会員作品)の巻頭・次席・三席の作者および作品を紹介しています。
 髙木佐知子(犬山)  朧の夜姉おだやかに身罷りぬ
 井上千保子(名古屋)  淡雪や教へ子に教へ子のゐて
 髙橋 佳代(平塚)  タンカーの往来遥か目刺干す
(以下は4句入選者住所順です)
 野村 和甚(名古屋)

 暖かや人の寄り来る駅ピアノ

 本多 俊枝(日進)  馬道具を飾る荒子の春まつり
 安積 敦子(東郷)

 棚田みな天地返しや雲雀鳴く

 嶋田 尚代(大府)  水仙を束ねて売れり朝の市
 西村のぶこ(北名古屋)  ゲルニカの馬嘶けり春愁
 生田美貴子(犬山)   飛天の如枝に雛吊る軒の下
 河村 仁誠(愛西)  花街に小さき潜り戸真砂女の忌

                  
「山彦集」(課題句 課題:春雷・桜貝・雲雀)
特選の作品を紹介しています。
 溝口 洋子(瀬戸)  春雷や尾根を境に飛彈信濃
 長谷川しげ子(名古屋  オルゴール開ければ曲と桜貝 
 仲井 裕子(奈良)  法起寺の塔を越え行く揚雲雀
                        
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.