トップページへ戻る
トップページへ戻る 見たい項目をクリックしてください。 伊吹嶺TOPICSへ 伊吹嶺NEWSへ
令和2年伊吹嶺全国俳句大会
 
令和2元年10月24日(土)
 

 
 10月24日(土)13:30より名古屋市今池のガスビル7階で「伊吹嶺」全国俳句大会を開催しました。今年はコロナウイルスの影響のため、一堂に会しての開催ではなく、運営委員会を拡大した形で行いました。

 まず、同人会総会では、令和2年度の会計報告、会計監査が行われました。続いて、令和2年度の「伊吹嶺」新人賞と秀句賞の紹介。そして、同人会連絡網、同人会役員の交代について連絡がありました。新会長は加藤ゆうやさん、新福会長は梶田遊子さんと服部鏡子さんです。


  全国俳句大会の第1部総会の議題は、規約の改正、年間行事報告と行事計画、特別会計報告でしたが、滞ることなく承認されました。

 各賞の発表では以下3名の方が受賞されました。おめでとうございました。
  伊吹嶺賞  河村惠光さん 「奥吉野」
  新人賞   加藤剛司さん
  秀句賞   朝倉淳一さん 「風光る子の真つ新な定期入れ」


 そして、新同人として以下の5名の方が紹介され、挨拶をいただきました。今後のご活躍を期待します。
  音頭惠子さん(尾西青炎句会)
  加藤剛司さん(HAGURUMA句会)
  野瀬ひろさん(秋桜句会)
  丸山節子さん(折戸句会)
  山田真理子さん(京都句会)


 句集出版では、4名、1団体が紹介され、出席していた内田さんから言葉をいただきました。とても大きな成果です。
  内田陽子さん  『福寿草』
  山本玲子さん 『今日の月』
  河原地英武主催 『憂国』
  関東支部   合同句集『炉火』
  小田二三枝さん 『花の宿』


 卒寿のお祝いはお名前のみ紹介されました。ますますのご健吟をお願いします。
  梅田 葵さん(瀬戸句会)
  山田悦三さん(伊吹嶺句会)
  山鹿綾子さん(東風句会)

 続いて、第2部は俳句大会で、披講は河原地主宰選、栗田顧問選のみでした。参加されていた加藤さんから喜びの言葉をいただきました。素晴しい句です。
  河原地主宰特選 佐藤とみおさん「炎熱を来て原爆の図に見入る」
  栗田顧問特選  加藤百世さん 「縁側に母在すごと遠花火」

 今年は、皆様に参集していただくわけにはいきませんでした。しかし、同人総会、伊吹嶺総会、俳句大会を無事進めることができ安堵いたしました。そして、受賞者、参加者、係34人が集まったわけですが、久しぶりに顔を合わすことができ、嬉しく思いました。(新井酔雪)


会場の様子

主宰挨拶

栗田顧問  河原地主宰

伊吹嶺賞 河村惠光さん

栗田顧問・河原地主宰とともに

新人賞 加藤剛司さん

栗田顧問・河原地主宰とともに

秀句賞 朝倉淳一さん

栗田顧問・河原地主宰とともに
新同人

音頭さん・加藤さん・野瀬さん・丸山さん・山田さん
新同人役員:副会長・会長・副会長

梶田さん・加藤さん・服部さん

句集『福寿草』出版 内田陽子さん

栗田顧問特選 加藤百世さん
河原地英武主宰選
特選 炎熱を来て原爆の図に見入る 佐藤とみお
懐に小犬を入れて夜店番 鎺えり子
海ほほづき鳴らして母を待つ夕べ 玉井美智子
桃一つ供へて亡夫の誕生日 瀬田治子
さそり座のひとつ耀ふ洗ひ髪 音頭惠子
独り身の軽き抽斗衣更 西田冨貴子
  老僧が火箸で剥がす松毛虫 谷口千賀子
寄せ書きの芯に「平和」と蟬時雨 矢野孝子
草刈つて家の中まで草匂ふ 川口信子
黙祷し涙出でたり原爆忌 中川幸子
正座して当つるアイロン終戦日 関根切子
 
栗田やすし顧問選
特選 縁側に母在すごと遠花火 加藤百世
喜屋武岬盆の白波寄するのみ 吉田春陽
満州も祖父母も遥かや蛍飛ぶ 八尋樹炎
遠景に御神火の島花みかん 山本法子
子に送る荷物に添へし岐阜団扇 福田邦子
瞑想すヨガに七夕笹匂ふ 林 尉江
  独り身の軽き抽斗衣更 西田冨貴子
つぎはぎの和上の襯衣お風入れ 松岡美千代
炎熱を来て原爆の図に見入る 佐藤とみお
片蔭に幼なき巫女の横座り 西川満寿美
インパール語る百歳敗戦忌 河合義和
 
 << トップページへ戻る
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.