トップページへ戻る
TOPページへ戻る 投句フォーム 選句結果
選句結果                       選者 新井 酔雪
 
 吹嶺ジュニア俳句 令和5年1月号
  ☆特選☆
 
安 城 小六

鷲山 玲央

冬が来た母がゆさぶる朝ねぼう
選評 冬になると、なかなか蒲団の中から出たくないですね。しかし、学校はあるし、朝ご飯も食べなければなりません。お母さんがじれて、玲央くんを起こしに来ました。そんな様子がよく伝わります。お母さんと玲央くんの気持ちが行為に表れています。面白くて良い俳句だと思います。

 ☆秀逸☆
 
篠 栗  飯田はると 校庭にいすをならべて観月会
 選評 学校の行事でしょうか、それとも町内の行事でしょうか。いすに座って友達と観月会。いや、月よりも友達との方が楽しそうですね。
幸 田 小川 翔太 そこはけと祖父の命令散もみじ
 選評 木に残る紅葉、散った紅葉きれいですね。お祖父さんと一緒に庭掃除をして、お祖父さんの言ったことをそのまま俳句にしたのがいいですね。
幸 田 小六 梶山 芽衣 焼いもの売り声聞いて追いかける
 選評

焼きいも屋さんを追いかける芽衣さんの姿が目に浮かびます。楽しい俳句ですね。自分がしたことをそのまま俳句にしたのがうまくいきました。

蒲 郡 廣中 一瑛 たいこの音心にひびく秋祭
 選評 お祭り、楽しみで、楽しみで、わくわくしますね。そんな心に太鼓の音が響きます。いいえ、響くのは心ばかりでなく体にも響きますね。
岡 崎 坂崎 詩織 紅葉散るまた紅葉散る水の上
 選評 水の上での紅葉の重なり、紅葉が落ちたときの水輪の重り。「紅葉散る」の繰り返しが重なりの効果を出しています。とても美しい景色ですね。
 ☆入選☆
 
蒲 郡 三井悠有里 きんちょうし和太こたたく秋の浜
岡 崎 青山絵里香 妹の着がえ手伝う七五三
岡 崎 根岸 智花 真っ先に玉子をすくうおでんかな
岡 崎 二木 透哉 湯豆腐を口に入れたらやけどした
小 牧 小四 稲山 若那 汗にぎる発表会の出番前
幸 田 伊山 愛華 押し入れの中のストーブ取り出した
幸 田  宮田 大地 すき焼きの肉ばかり取りしかられた
幸 田 吉川 七海 柿落葉色のきれいな葉を拾う
安 城 小六 石川 沙織 目に染みるけむりばかりの落葉たき
安 城 小六 藤田 真琴 熱かんの父の晩しゃく注いであげる
豊 田 中一  斉藤瀬里奈 木枯や干したワイシャツはためいて
 岡 崎 中二   長田 栄美 寒い日と暖かい日の十一月
 
 吹嶺ジュニア俳句 令和4年12月号
 ☆特選☆
 
岡崎 中二

奥 村  爽

背伸びして引けば寄りくる烏瓜
選評

熟れた烏瓜は赤くて艶があり奇麗ですね。子供の頃、烏瓜の種を財布に入れていました。形は打出の小槌、色は乾燥すると金色、持っているとお金持ちになれると。

俳句に動詞三つは多いのですが、この句の場合は、爽くんと烏瓜の動きをうまく表現して良いと思います。
 ☆秀逸☆
 
 八王子 長沼ひなこ かまきりが青い空からふってきた
 選評 かまきりだってはねがあるので飛びます。目の前に飛んできたのには驚いたでしょうね。それを「空からふってきた」と表現したのが上手です。
篠 栗 飯田はると ひつじ雲たくさんの目がならんでる
 選評 青空にきれいに並んだひつじ雲はきれいですね。ひつじ雲の一つ一つの点々を「目」と捉えたのが、はると君の独自の感性であり表現ですね。
安城 小六 石川 沙織  ぶらぶらと鼻取れそうなかかしかな
 選評

頑張って鳥を追っ払っているかかしさん。鼻が取れそう何てかわいそう。しかし、くすりと笑いたくなる楽しい句です。良い発見をしましたね

安城 小六 保田 恵子 折れてばかり団栗にさすつまようじ
 選評 団栗ゴマを作ろうとしているのですね。書く順番を変えて「折れてばかり」を最初に書き、何が折れそうなのかと思わせたのが良いですね。
豊 田 新實 颯太 運動会音立ててふる応援旗
 選評 音がするほど応援旗を振ったのですね。しかも大きな応援旗。秋晴の下に一生懸命に旗を振る姿が見えます。元気一杯、力強い俳句です。
 ☆入選☆
 
蒲 郡 三井悠有里 自習時間おにやんま来る教室に
岡崎 牛 田  瞳 みかんむく顔にかかった皮のしる
岡崎 仁藤香里奈 運動会たいこに合せて玉投げる
岡崎 水 沼  正 大きいの取って後ろへ赤い羽根
岡 崎 小四 芽木 瑤子 つな引きですべって転ぶ運動会
小 牧 稲山 若那 たのしいなお月見してる父さんと
幸田  菱田 茉莉 近づいてどんぐり独楽のはじけたり
幸 田 崎山 香蓮 投げすてる赤白ぼうし運動会
安城 小六 野本詩絵理 どこまでも透きとおる青秋の空
安 城 小六 田  秋の野にクラス仲間と鬼ごっこ
郡 上 小六   瀬  冬休みこたつでごろごろひとやすみ
小 牧    稲山 瑠莉 ひとかじり林檎の果汁口の中
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和4年11月号
 ☆特選☆
 
岡崎 小四

青山絵里香

指回しとんぼに接近おじいさん
選評 おじいさんもそうですが、私が子供の頃は、素手でトンボ捕るとき、みんな指を回しながらトンボに近づいていました。なぜそうしていたかというと、トンボが目を回して飛べなくなるとみんな思っていたからです。絵里香さんは、おじいさんに指を回すわけを聞いてみましたか。
 ☆秀逸☆
 
幸田  梶山 芽衣 ゆで立てのとうもろこしをパキと折る
 選評 ゆでたとうもろこしおいしいですね。誰かと半分こするのでしょうか。「パキと折る」に実感がこもっています。黄色いとうもろこしの匂いがします
幸田 小五 細 井  晴 妹のぼうしかくれる花野かな
 選評 前を行く妹さんの帽子が、見えなくなってしまいました。背の高い秋草、色とりどりの秋草の中に隠れてしまいました。日差しを感じる美しい景です
安城 小六 田村 晴翔 じじと採る五十センチのへちまかな
 選評

これは驚きです。五十センチとはとても大きなへちまです。へちまを真ん中にして、記念写真を撮りましたか。採ったへちまでたわしでも作りますか

安城 小六 羽田 麻衣 目の前を行ったり来たり鬼ヤンマ
 選評 確かに鬼ヤンマは同じ所を行ったり来たりする習性があります。よく気付きました。ずっと見ていたのですね。麻衣さんのそういう姿勢はいいですね。
 岡崎  中二 疋田 美優 日の匂い草の匂いの花野かな
 選評 よく晴れた秋の一日。花野に分け入って十分に満喫しましたね。そのことが、「日の匂い草の匂い」という上手な対句によって表現できました。
  ☆入選☆
 
篠栗 飯田はると 北アルプス初の登山は高山病
岡崎 国松 統寛 夕飯に小さなさんまやっと出た
岡崎 鋤柄 愛優 コオロギが風ろ場のまどで鳴いている
岡崎 平山 穂香 名月を物ほし台に上り見る
小牧 小四 稲山 若那 夏休仲よくしたい転校生
幸田 小五 坂田 颯矢 弟と団子を食べる月見かな
幸田  宮田 大地 はぜつりのゴカイを父につけてもらう
安城 崎山 香蓮 名月を湯気の中より見上げたり
安城 小六 鷲山 玲央 ずるずるとカップめんすする夜食かな
豊田 中一 阿部 一花 学校の生活慣れぬ九月かな
小牧 中一  稲山 瑠莉 夏祭屋台のにおい友と居る
犬山 中二   西 田  赤組の応援団長秋茜
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和4年10月号
 ☆特選☆
 
豊田 中一

斉藤瀬里奈

泡光る緑の海のソーダ水
選評 ソーダ水の泡はきれいですね。次々と上ってくる泡を見詰めていると、何だか自分がその中に吸い込まれてしまうような気持ちになります。「緑の海」という言葉が、この句を読んで、そんな気持ちにしてしまうのでしょう。「緑の海」とても上手な表現だと思います。
 ☆秀逸☆
 
 岡崎 小四 菊田 夢佳 連れてって母にお願い海開き
 選評 私も子供の頃、海に連れてってとよく母に頼んだものです。夢佳さんの俳句は、自分の気持ちを素直に表現できています。俳句は素直が一番ですね。
蒲郡 小五 廣中 一瑛 すいか割りバシッと一発決めにけり
 選評 一瑛くんの俳句の「バシッと一発決めにけり」は、内容も調べも勢いのある表現になっています。特に「けり」は、目の前で決まった感じがします。
 幸田 小五 尾   突っついてまた突っついておじぎ草
 選評

おじぎ草を見ると、つい突っついてみたくなりますね。しかもすべての葉が閉じるまで。その気持ちが、言葉を繰り返すことでうまく表現できています。

安城 小六 沼田 英人 音立ててさじ突き立てるかき氷
 選評 器にこんもりと盛ってあるかき氷。そのかき氷の真ん中にさじを突き立てているのですね。俳句の基本は観察。英人くんはよく見ていましたね。
 岡崎  中二 長田 栄美 風鈴の鳴りやむを待ち外しけり
 選評 夕方に風鈴を外しているのですね。しかし、せっかく風鈴が鳴っているのだから、鳴り終わるまで待とうという栄美さんの気持ちがよく伝わります。
 ☆入選☆
 
磐田 小二 さいとうはな ハンモックあっという間にゆめの中
蒲郡 小三 三井悠有里 おぼれそうつま先で立つ大プール
蒲郡 小三 廣中みくり ほそいひびのぞけば黄色すいかわり
篠栗 小三 飯田はると 八方尾根の雪けい歩くおさるさん
岡崎 小四 成瀬真一郎 かじったらとたんに落ちた氷菓子
小牧 小四 稲山わかな カルピスを飲んで花火のかんせんだ
幸田  小五 根本 壮悟 こうもりのジグザクに飛ぶ暗い池
幸田 小五 照山 塔子 見つければ必ずさわるおじぎ草
安城 小六 鈴木英美里 手をぬらすアイスクリームぽたぽたと
郡上 小六 村瀬 りん コスモスが風にふかれておどっている
小牧 中一  稲山 瑠莉 夏休み課題の山に立ち向かう
岡崎 中二   羽佐田英二 街灯に浮かぶ花壇の月見草
  
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和4年9月号
 ☆特選☆
 
安城 小六  崎山 香蓮 あめんぼの足の数だけ水へこむ
選評

「足の数だけ水へこむ」よく見つけましたね。立って眺めているだけでは気づきません。きっとしゃがんでアメンボをしっかり見ていたのですね。

見つけたことを具体的に表現しました。足の数と水のへこみを結びつけたことが素晴らしいですね。
 ☆秀逸☆
 
東海 四歳 神津 迅美 ついぺろりゆびまでおいしいゼリーかな
八王子 小二 長沼ひなこ 耳たぶにマイクロトマトかざりたい
小牧 小四 稲山 若那 あじさいの花をバックにツーショット
豊田 中一 新實 颯太 蚊を飲んで喉が震えるやもりかな
岡崎 中二 梅村 亜衣 どくだみの夜にも白い十文字
 ☆入選☆
 
蒲郡 四歳 三井さつき かたつむりのめだまとびだすギョロギョロギョロ
桜川 小一 安田航太朗 夏休み電車で行きたいおじいちゃんち
蒲郡 三井悠有里 モザイクのようにぼやけて夏の月
篠栗 篠栗 飯田はると 暑すぎてプールのじゅぎょうがお休みだ
桜川 小四 安田 歩実 十万円たまる貯金箱カタツムリ
東京 白川 絢音 雨上がり七色の橋が空高く
岡崎 平山 穂香 いっせいに口を開いたつばめの子
幸田 小川 翔太 窓下にとつじょ鳴きだす雨がえる
幸田 小五 細井 晴香 真っ直ぐにグラジオラスは青空へ
安城 小六 木下 巧 飲み干してビー玉鳴らすラムネかな
安城  小六   矢頭友里奈 あじさいにふれつつ登る石の段 
岡崎   中二  西田 宙生  花びらを流れる雨や花しょうぶ
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和4年8月号
 ☆特選☆
 
幸田 小五 田中 時也 祖父がふくとぎれとぎれの草の笛
選評

きっとお祖父さんは、時也君に草笛を教えてあげたかったのですね。草笛は強く吹くと音が出ません。

お祖父さんが子供の頃の小学生は、みんな吹いていました。タンポポの茎、スズメノテッポウ、アシの巻いた葉、カラスノエンドウの実など。懐かしいですね。

 ☆秀逸☆
 
蒲郡 小三 三井悠有里 理科係ちょうのたまごはとうめいだ
岡崎 小四 戸田智恵理 花なえに水たっぷりと夏になる
安城 小六 長 沢  翔 青空の雲は真っ白夏来る
豊田 中一 阿部 一花 おはようと手を振る友や更衣
犬山 中二 西 田  仲良しと自転車通学衣替え
 ☆入選☆
 
蒲郡 四歳 三井さつき みみずさんありにはこばれかわいそう
蒲郡 小三 廣中みくり 耳のそばブンと音立て大すすめばち
篠栗 飯田はると こいのぼり夜のあいだも泳いでる
岡崎 小四 水  豆飯の豆を選んで食べている
小牧 小四 稲山 若那 バラの花いろんな名前楽しいな
幸田 神野 彩香 庭の畑そぼといっしょにナス植える
幸田 西山 那芸 母と姉さやえんどうのすじを取る
安城 小六 寺田ときよ 母の日のかたたたき券手わたして
小牧 中一 稲山 瑠莉 夏来るテスト結果に笑顔かな
岡崎 中二 三沢 舞香 教室が明るくなった更衣
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和4年7月号
 ☆特選☆
 
桜川 中一 安田 陽郁 ペダル踏む春一番と体当たり
選評

陽郁くん、春一番は強かったのですか。体当たりするのも一つの経験ですね。

春一番の中、自転車で走ることを「体当たり」と詠んだことはユニークな表現だと思いました。ここに春一番の強さを強調したかったと思います。

  ☆秀逸☆
 
蒲郡   四歳 みついさつき ほいくえんのさくらがはっぱにかわったよ
 選評 さつきさん さくらの木があるのはよいほいくえんですね。さくらの花がちったのですね。はっぱはどんな色でしたか。それがさくらが大人になった色です。そのうちさくらの実をつけますよ。
八王子 小二 長沼ひなこ こいのぼりみんなで空をとんでいる
 選評 ひなこさん こいのぼりがたくさん泳いでいるのですね。みんなで空をとんでいるようで、楽しそうですね。
 岡ア   小六 曽根 愛花 花吹雪両手広げて浴びており
 選評

愛花さん 本当に花吹雪のまっ盛りになると、両手を広げると花びらがつかめそうですね。泳いでいる実感がありますね。それを両手と詠んだのがよかったですよ。

小牧 中一 稲山 瑠莉 入学式視線を浴びて入場す
 選評 瑠莉さん いよいよ中学生になったのですね。上級生の視線を浴びて入場するときは本当に緊張しますね。そのくらい皆の期待を浴びていることです。
 福岡  中一 飯田 仁平 麦秋が夕日に光りカーペット
 選評 仁平くん 一面の麦畑が実る頃で、さらに夕日を浴びるときの印象がカーペットだと言うことは、よい感覚を持っていますよ。何色のカーペットでしたか。
 ☆入選☆
 
桜川 小一 安田航太 タケノコや白いボディがかくれてた
蒲郡 小三 いい田はると 風光る自転車さんぽ下り坂
桜川 安田 歩実 風船やおおきくなったらひとり立ち
小牧 小四 稲山 若那 通学路さくらの花びらまって来た
犬山 小四 西田  明 ばあちゃんのリハビリの道いぬふぐり
岡ア 小六 梅村 翔吾 二枚ずつ葉を重ねゆく椿もち
岡ア 小六 高木  譲 弁当に桜ひとひらつまみとる
岡ア 小六 手島 玲菜 町角を曲がればにおう沈丁花
岡ア 小六 向井 太陽 わらび餅のどをつるりと通りけり
豊田 小六 新實 颯太 部活動終わるチャイムや暮遅し
郡上 小六 村瀬  凜 七夕で願い多くてこまっちゃう
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和4年6月号
 ☆特選☆
 
桜川 小四 安田 歩実 ツバメさん季節を運ぶ郵便屋
選評

歩実さん、つばめは春になったらやって来ますね。春という季節を運んで来たのですね。

つばめは春になったら日本にやって来ますが、それは南から春という郵便物を運んだと思ったのが子どもらしい発想です。

 ☆秀逸☆
 
蒲郡   四歳 みついさつき さんがつだむしがぞろぞろでてきたよ
 選評 さつきさん、いよいよ春になったのですね。ぞろぞろ出てきた虫は何でしたか。大人は三月になると、「けいちつ」ということを知っていますが、さつきさんはからだで知ったのですね。
横浜 小二 加藤 友康 ぶらんこをこいで始まる二年生
 選評 友康くん、新学期はぶらんことともにやって来るのですね。ぶらんこをこぎながら、新しいこと、やりたいことが浮かんでくるのですね。
犬山    小四 西田  明 いぬふぐり夜空の星を真似ている
 選評

明さん、本当にいぬふぐりは小さな青で星のようですね。いぬふぐりは星を知って真似をしたのでしょうか。もしかしたら星がいぬふぐりを真似をしたのかな?

岡ア 小六 船越 啓太 探しても見つけられない初ひばり
 選評 啓太くん、ひばりが鳴いているのはよく分かりますね。しかし空を飛んでいるひばりを見つけることは難しいですね。でもよく見ると、見つけることが出来ますよ。鳴いている空をじっと見つめることがこつですよ。
小牧   中一 西田  希 散歩道星ふるようにいぬふぐり
 選評 希さん、散歩道にあるいぬふぐりは、本当に星が降ってきたように見えますね。あんまり小さいので、踏んづけてしまいそうですが、踏まないでよく見て楽しみましょう。
 ☆入選☆
 
八王子 小一 長沼ひなこ タンポポは大きくなるととんでいく
蒲郡 小二 廣中みくり さくらよりたませんうまいおかざきじょう
福岡 いい田はると はしの下つばめがひくくとんでいる
蒲郡 小四 廣中 一瑛 天守閣武将も桜見てたかな
小牧 小四 稲山 若那  姉いもうと紅白梅のツーショット
岡ア 小六 佐藤 瀬奈 指先をよごし土筆のはかまとる
岡ア 小六 三木瀬里奈 畑打の祖父はときおり腰たたく
岡ア 小六 須藤  環 たんぽぽの花輪を編んで手をよごす
豊田 小六 新實 颯太 目の前で宙返りする初つばめ
桜川 中一 安田 陽郁 藤の花母の晴れ着の丈足りぬ
小牧 中一 稲山 瑠莉 赤よりも優しい香り白い梅
横浜 中二 加藤 希実 桜雨散りゆく花片曾祖母の影
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和4年5月号
 ☆特選☆
 
桜川 六歳 安田航太 レゴの家入ってごらん団子虫
選評

航太烽ュん、団子虫を拾ってきて、レゴブロックの家に入らせたのですか。きちっと入りましたか。

 虫好きな航太烽ュんが団子虫を捕まえて、自分で作ったレゴの家に入れたのは生き物に対する好奇心からだと思います。こんな好奇心が環境に目を向ける第一歩です。
 ☆秀逸☆
 
蒲郡   四歳 いちかわことな おひなさままたあおうねとふたしめる
 選評 ことなさん、今年のひなまつりは楽しめましたか。おひなさまをしまうときは、必ずひと言、話しかけるのですね。来年までのお別れですね。
桜川  小三 安田 歩実 妖怪はどこに住むのか夏の果て
 選評 歩実さん、もう夏のお化けやしきですか。それにしても一体どこに住んでいるのですかね。のぞきたくもあり、こわくてのぞけないかもしれませんね。
 岡ア   小六 和田梨々花 母とつむ日差しの中のふきのとう
 選評

梨々花さん、今年もふきのとうをつんだのですか。ふきのとうはちょっと苦くて、大人の味ですね。もしかしたらお母さんの方が好きで、つんだのでしょうか。

豊田 小六 新實 颯太 立春は庭の日差しに虫見る日
 選評 颯太くん、立春の日は虫を見る日と決めているのですか。まだ寒いと思いますが、虫を見ることが出来たですか。一番に出てくる虫は何ですか。
小牧   小六 稲山 瑠莉 父さんと卒業の服選ぶ夜
 選評 瑠莉さん、いよいよ小学校の卒業式ですか。卒業式には一番よい服を着たいですね。お父さんと選んでいる夜が一番楽しく、卒業式が待ち遠しいですね。お父さんに選んで貰った服が最高ですね。
  ☆入選☆
 
蒲郡 四歳 みついさつき ちくちくのはっぱにさかなおにたいじ
八王子 小一 ながぬまひなこ ねこの子とならんでねてるぬいぐるみ
蒲郡 廣中みくり バレンタインピカチュウのチョコ友だちへ
蒲郡 三井悠有里 ひなまつりまんじゅうたべてだいまんぞく
福岡  飯田はると 梅の花まぁるく下がってかわいいな
小牧 小三 稲山 若那 まぶしいなリフトから見る雪げしき
蒲郡 小四 廣中 一瑛 ひな祭りおいしそうだな供え物
郡上 小五 村瀬  凜 母の日に何あげようかまよってしまう
岡ア 小六 森  大輔 給食のわかさぎ食べるほろ苦い
岡ア 小六 須藤  環 さわ君にあげようバレンタインの日
岡ア 小六 三木瀬里奈 うで伸ばし梅と自分の写真とる
岡ア 小六 主田 留美 祖母と切る矢作河原の猫やなぎ
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和4年4月号
 ☆特選☆
 
桜川  小三 安田 歩実  ちくわさんおでんの風呂は気持ちいい?
選評

歩実さん、おでんの鍋がお風呂みたいだったのですね。お風呂に入ったちくわはおいしかったですか。

 この句のよいところはおでん鍋の様子を風呂と見立てたところです。そこから歩実さんとちくわとの会話が始まります。子どもらしい擬人化です。
  ☆秀逸☆
 
 八王子 小一 長沼ひなこ しもばしらキラキラおほしさまみたい
 選評 ひなこさん、しもばしらは氷のけっしょうですから、キラキラしていますね。ひなこさんは何の星だと思ったのですか。考えると楽しくなりますね。
 蒲郡 小二 三井悠有里 ウルフムーンうさぎもちつきあぶないよ
 選評 悠有里さん、「ウルフムーン」とは1月の満月のことですね。狼の月だったら、うさぎさんは食べられてしまうと考えたのですね。悠有里さんは「ウルフムーン」のいわれを知っていますか。
福岡    小二 いい田はると 川の中四種の鴨が会議かな
 選評

はるとくん、川の中にいろいろな鴨がいたのですね。集まっていろいろ会議のおしゃべりをしていたのですね。よく観察していますね。ところで鴨の種類は全部知っていましたか。一度調べてみてはどうですか。

岡ア  小六 坂東 幸臣 弟とのぞき合いたりお年玉
 選評 幸臣くん、お年玉は弟とは金額がちがうのですか。気になりますね。だからのぞき合っていたのですか。
 岡ア 小六 山崎明日香 正座して手を合わせたりお年玉
 選評 明日香さん、お年玉を貰うときぐらい、しっかりと正座したいですね。大事なお年玉ですから、手を合わせただけでなく、大事に使いたいですね
 ☆入選☆
 
蒲郡 四歳 みついさつき もうじきねおにがくるからまめかって
桜川  六歳 安田航太 寒い日にアイスを食べて固まっちゃう
蒲郡 ひろなかみくり かけ算のあんきはたいへんこごえるよ
小牧 小三 稲山 若那 リフトからおりてころんで初わらい
郡上 小五 村瀬  凜 桜咲きお久しぶりのお花見だ
岡ア 小六 江川 月姫 元旦の郵便受けを開けて見る
岡ア 小六 森  大輔 友からの鉛筆書きの年賀状
岡ア 小六 須藤  環 だいだいが鏡もちからすぐ落ちる
岡ア 小六 手島 玲菜 弟と競う枚数年賀状
岡ア 小六 三木瀬里奈 玄関の注連縄ゆれる朝の風
豊田 小六 新實 颯太 書初めのはねを忘れた「学」の文字
小牧 小六 稲山 瑠莉 大吉のおみくじ引いて初笑い
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和4年3月号
  ☆特選☆
 
蒲郡  小二  三井悠有理 ハロウィーンこうもりだけどとべません
選評

悠有理さん、あなたがこうもりに変装したのですか。気分はどうですか。だれかにとべるかなと言われたのですか。

ハロウィーンは皆それぞれの変装を楽しんでいます。こうもりに変装した悠有里さんが友だちに「とべません」と答えたのが、ポイントで、楽しい句となりました。

  ☆秀逸☆
 
蒲郡  四歳 みついさつき まちがえてたべちゃいそうなゆずのふろ
 選評 さつきさん、ゆずのふろは冬至の日に入るのですね。ゆずはきれいな色をしていたのですね。本当においしそうだったのですね。さつきさんは素直にそう思ったのがよかったと思います。
 蒲郡 小二 廣中みくり あかちゃんをあやすとわらうこたつかな
 選評 みくりさん、おかちゃんは本当にかわいいですね。またあかちゃんとこたつにいっしょに入るのは入るのはよけいに楽しいですね。
岡ア    小六 小島 聖悟 帰宅して首までもぐるこたつかな
 選評

帰宅して首までもぐるこたつかな

岡ア  小六 曽根 愛花 じりじりと机を歩く冬のは
 選評 愛花さん、冬の蝿は確かに動きが遅いですね。本当に「じりじり」のとおりですね。私は「やれ「やれ鵜綱打つな蝿が手をする足をする」という一茶の俳句を思い出しました。
 岡ア 小六 主田 留美 つるつるとすべる玉子や関東煮
 選評 留美さん、冬の夜は関東煮がおいしいですね。特に玉子は栄養満点で人気がありますね。留美さんが玉子を食べるときうまくつかめないのですか。その様子がよく見えます。
 ☆入選☆
 
蒲郡 小二 市川夢之助 寒い中れんぱさせるぞ一位のざ
福岡 いい田はると 友だちとわかれた後に初雪だ
小牧 稲山 若那 サンタさん何をたのむかまよう夜
郡上 小五 村瀬  凜 ひなまつりあられを食べておまつりだ
豊田 小六 新實 颯太 パリパリと田んぼの氷ふんでいく
岡ア 小六 槌田 和樹 うきね鳥とつじょと首を持ち上げる
岡ア 小六 森  大輔 登校の友とかけ合う白い息
岡ア 小六 江川 月姫 犬小屋の積もった雪をはらいけり
岡ア 小六 手島 玲菜 こおり付く車のワイパーお湯かける
岡ア 小六 三木瀬里奈 白い息手にふきかけてこすり合う
小牧 小六 稲山 瑠莉 柚子湯出てほほはスベスベにおい立つ
福岡 小六 飯田 仁平 銀杏落ち葉のじゅうたん踏んで校庭へ
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和4年2月号
 ☆特選☆
 
名古屋  小五  浅原 沙水 朝の山雲の帽子に紅葉着る
選評

沙水さん、帽子は雲、着る服は紅葉ですか。いかにもおしゃれですね。この山は女の子ですか。

この句は擬人化で詠んでおり、雲は帽子、紅葉は洋服としたところがおしゃれ心です。さらにその山が朝日に輝いているので、ますますきれいに仕上がりました。

  ☆秀逸☆
 
蒲郡  四歳 みついさつき ハロウィーンかいぞくになってバキュンバキュン
 選評 さつきさん、ハロウィーンで海賊になったのですか。「バキュンバキュン」はピストルですか。海賊になって楽しかったですか。音がよいですね。
小牧  小三 稲山 若那 歯がぬけそうリンゴかじればいたいなあ
 選評 若那さん、虫歯になったのですか。リンゴをかじると、いかにも歯がいたそうですね。でも今ごろは歯がぬける年ごろですからいたい時期ですね。
岡ア    小六 小川 和仁 立冬や今朝の味そしる薄すぎる
 選評

和仁くん、味噌汁が薄いですか。薄いのはまずいですね。岡アは味噌の本場ですから、赤だしなどは本当は濃いですね。薄いのはお母さんの好みですか。

岡ア  小六 井原 未来 すずめ来る十一月の日だまりに
 選評 未来さん、11月の日だまりというと、日向ぼこですか。すずめも日向ぼこに加わったのですね。一緒に日向ぼこをするのも楽しそうですね。
犬山   中一 西田  希 どんぐりをけって坂道三十歩
 選評 希さん、よくどんぐりなどをけって歩くことがありますね。坂道だったので、30歩でどんぐりはどこかへ消えてしまったのですか。また別のどんぐりをさがしてやりましょう。
  ☆入選☆
 
千葉 小一 後藤つむぎ じいじいとおでんふうふううれしいな
蒲郡 三井悠有里 一人のりのリフトつかまりもみじ見る
福岡 いい田はると 秋の空雲がない日が多いんだ
蒲郡 小五 村瀬  凜 ゆきどけにしたからひょっこりふきのとう
岡ア 小六 高木  譲 山茶花の花びらをはく毎日だ
岡ア 小六 根岸 祥吾 降り続く木の葉にじゃれる小犬かな
岡ア 小六 森  大輔 祖母がぬく庭の大根穴一つ
岡ア 小六 加東 愛実 校庭の散る山茶花を掃き集め
岡ア 小六 曽根 愛花 美しき落葉を拾う少女かな
岡ア 小六 横井 恵里 散紅葉池の面に重なって
岡ア 小六 米良 亮子 くっきりと電線の影冬日和
小牧 小六 稲山 瑠莉 みかん狩甘くて酸っぱいでも美味しい
 
   伊吹嶺ジュニア俳句 令和4年1月号
  ☆特選☆
 
豊田  小六  新實 颯太 ぶつけ合う団ぐり独楽は皿の上
選評

颯太くん、団栗独楽で遊んだのですか。皿の上で回したのが面白いですね。

団栗の独楽競争をしている場面ですが、「皿の上」から家庭が見え、さらに家族の顔も見えてきます。シンプルさの中に温もりが見えます。
 ☆秀逸☆
 
福岡 小二 いい田はると 満月が川にうつって太陽だ
 選評 はるとくん、川に写っているお月様はよほど明るかったのですね。まん丸で、すごく明るいと、太陽のようになる訳ですね。
犬山  小四 西田  明 寝転んで今日も宿題こたつ中
 選評 明さん、こたつはあたたかくてよいですね。そこで宿題をするのも楽しいですね。でも寝転んで宿題をやると眠くなりますよ。気をつけてね。
郡上    小五 村瀬  凜 おもち食べおなかぽっこり食べすぎた
 選評

凜さん、おもちはつい食べすぎますね。おなかがぽっこりとして、太って

しまいますね。でもまだ5年生ですから、どんどん食べて大きくなって下さい。
岡ア  小六 船越 啓太 たこ焼きをほお張り火傷秋祭
 選評 啓太くん、祭でたこ焼きを食べるのは楽しいですね。ただあわてて食べるから火傷してしまうのですね。ゆっくり食べる方が楽しいですよ。
犬山   中一 西田  希 木曽川へたっぷり写る秋の雲
 選評 希さん、いつも木曽川を見ながら、生活しているのですね。木曽川一面に写っている雲は雄大ですよ。「たっぷり」で分かりますよ。
  ☆入選☆
 
蒲郡 四歳 三井さつき うんどうかいがんばれおうえんありがとう
蒲郡 三井悠有里 アルミからあつあつやきいもまっきいろ
小牧 稲山 若那 始めての二番とったよときょう走
蒲郡 小五 市川誠之助 下呂温泉三十二畳の宿に月
岡ア 小六 坂東 幸臣 朝の会大きい赤い羽根選ぶ
岡ア 小六 佐藤 瀬奈 赤い羽根後ろに回す朝の会
岡ア 小六 中山奈津美 団ぐりにさすつま楊枝折れにけり
岡ア 小六 三木瀬里奈 朝の会胸に付け合う赤い羽根
岡ア 小六 横井 恵里 綿あめを友と分け合う秋祭
豊田 小六 安藤 洋輔 秋祭ちょっとずつかじるチョコバナナ
小牧 小六 稲山 瑠莉 秋の夜仲良しと寝る奈良の宿
一宮 高三 澤田 侑吾 渋柿を食べて険しき父の顔
   
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和3年12月号
  ☆特選☆
 
小牧  小六 稲山瑠莉  堤防に情熱的な彼岸花
選評

瑠莉さん、彼岸花を見ると本当に情熱的ですね。瑠莉さんが感じる情熱的とは真っ赤な色のことですか。

この句は「情熱的」と断定したところが面白いと思いました。大人だと彼岸花のいろいろ細かいところを写生しますが、瑠莉さんは飛躍した言葉を使って成功しています。

 ☆秀逸☆
 
福岡 小二 いい田はると 満月が雲にかくれて半分こ
 選評 はるとくん、お月様が雲とかくれんぼですか。しかし半分しかかくれていなかったのを発見したのが面白いですね。「半分こ」を見つけたのがおてがらです。
郡上  小五 村瀬  凜 サンタさんその正体をあばきたい
 選評 凜さんのところには毎年、サンタさんが来るのですか。その正体がだれか気になるのですね。でもあばくと来年は来てくれないかも。結局、そのあとでだれか分かったのですか。
 豊田  小六 新實 颯太 いも虫の緑のこぶがもくもくと
 選評 颯太くん、いも虫は本当に面白い形をしていますね。でも緑のこぶがもくもくしているなんて、一寸気味が悪いですね。ただ緑色はきれいな色をしていますね。そんな形、色をしているのは何故でしょうかね。
岡ア  小六 能見瑠璃子 野に低く低く飛び来る秋の蝶
 選評 瑠璃子さん、秋の蝶は一寸はかないですね。だから飛ぶのも「低く低く」なのでしょうか。この言葉を発見したのがよかったですね。
犬山   中一 西田  希 大空にひろがるカーテン鰯雲
 選評 希さん、鰯雲は本当に空いっぱいに広がりますね。それをカーテンと思ったのですね。大空に広がっているカーテンはすごく広いカーテンですね。
  ☆入選☆
 
蒲郡 四歳 みついさつき だんごむしみたいにまるくじしんのひ
蒲郡 小二 廣中みくり バシャバシャとたいふうあとの水たまり
小牧 小三 いな山わかな 口のなか大つぶぶどう皮のまま
今治 小五 近藤 芽依 子供たち田んぼの中を虫さがし
岡ア 小六 志木 正成 赤とんぼいっぱい群れて羽光る
岡ア 小六  高木  譲 三日月が里山の木に引っかかる
岡ア 小六 井原 未来 さわるなと祖母が指さす彼岸花
岡ア 小六 井原 未来 秋草をコップにさしてテーブルに
岡ア 小六 曽根 愛花 ぼんやりと明るい雲や今日の月
岡ア 小六 山崎明日香

秋の夜の父の鼻歌ハイボール

福岡 小六 飯田 仁平 朝起きて段々涼しくなっている
一宮 高三 澤田 侑吾 夕の日に染まり真紅の彼岸花
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和3年11月号
 ☆特選☆
 
小牧  小三 稲山 若那 浴衣着てかいだん下りる姫になり
選評

若那さん、浴衣着てお出かけですか。本当にお姫様のようにきれいになったと、みんながほめてくれるでしょう。

こどもが浴衣を着て出かけるのは、一つの晴れの舞台です。出かける前の階段を下りるときに既にうきうきの気分でうれしそうです。この頃の女の子はかわいい盛りですね。
 ☆秀逸☆
 
蒲郡 小二 廣中みくり なつのゆめゾンビ出てきてとびおきる
 選評 みくりさん、ゆめにゾンビが出てきたのですか。びっくりですね。ゾンビはどんな顔をしていたのですか。忘れたいゾンビですね。
名古屋 小三 武田 勇紀 うちのにわにじいろとかげいつも来る
 選評 勇紀くん、いつも庭にとかげが来るのですか。虹色だったのは多分かわいく見えたかもしれませんね。庭にとかげが出てくるのはそれだけ自然があるということですよ。
岡ア  小六 新名 孝則 顔中をしるでぬらして西瓜食う
 選評 孝則くん、西瓜は水分が多いので、食べると本当に顔がぬれてしまいますね。それだけおいしいからぬれるのもかまわないのですね。おいしいものは夢中で食べてしまいますね。
岡ア  小六 千木良有素 お祖父さんの話をしつつ墓洗う
 選評 有素さん、お盆に墓まいりに出かけたのですか。お祖父さんの思い出はたくさんあるのですね。話がきりなく続いて、いつの間にか墓は洗いおわったのですね。
福岡   小六 飯田 仁平 お月様雲を使ってかくれんぼ
 選評 仁平くん、お月様もかくれんぼですか。ちょうど雲があるので、そこにかくれているのですね。ところでお月様はだれとかくれんぼしているのでしょうか。沢山の星とかくれんぼしているかも知れませんね。
 ☆入選☆
 
蒲郡 四歳 みついさつき ラグーナのプールのきょうりゅうすべったよ
蒲郡 小二 三井悠有理 風ふいてせんこう花火まけちゃった
福岡 小二 いい田はると 川あそび夏の思い出できたんだ
犬山 小四 西田  明 耳すます風鈴とおく聞こえてる
郡上 小五 村瀬  凜 コスモスはすごくきれいでみとれちゃう
豊田 小六 新實 颯太 手花火をみんなで囲む一本ずつ
岡ア 小六 横井 恵里 揚花火忘れたころにドンと鳴る
岡ア 小六 米良 亮子 すかし見るあわの光やソーダ水
小牧 小六 稲山 瑠莉 勝負する線香花火母が勝ち
大分 小六 飯田 涼乃 山影に虹のかけ橋つながった
犬山 中一 西田  希 留守の庭一人ぼっちの蝉が鳴く
半田 中二 荒川 惟孝 玄関に大の字に張る蜘蛛の網
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和3年10月号
 ☆特選☆
 
今治 小五  近藤 芽依 さくらんぼプリンの上でごあいさつ
選評 芽依さん、プリンもさくらんぼかわいいですね。さくらんぼがプリンの上で座っているのですか。

この句は、「さくらんぼ」「プリン」と子供に人気があるものを上手に擬人化で取り込んでいます。さくらんぼがあいさつしている表情が見えるようです。

 ☆秀逸☆
 
蒲郡 四歳 みついさつき ばあちゃんのめがねはまるでとんぼみたい
 選評 さつきさん、あばあさんのめがねをじっくりと見たのですね。本当にとんぼのように大きくてまるいのですね。面白いところをよく見ていますよ。
蒲郡 小二 三井ゆうり なな色をまぜたらまっ黒かきごおり
 選評 ゆうりさん、かき氷のシロップをいろいろ混ぜたら、まっ黒になってしまったのですか。本当はみんなきれいな色のシロップだったのが、黒い色に変わってしまったのはふしぎですね。でもどうしてもたくさんかけたくなりますね。
蒲郡 小二 廣中みくり まっくろな空からシャワー大花火
 選評 みくりさん、本当にそうですね。花火は夜ですから、空はまっくろですね。そうすると花火の先が流れるときは本当にシャワーのようですね。すごくきれいだったでしょうね
岡ア  小六 森  大輔 毎朝よ全部つっつくおじぎ草
 選評 大輔君、おじぎ草はどこにあるのですか。毎日つっつくのですから、庭か近所の公園ですか。つっつくのがもうすっかり日課になってしまっていますね。
 半田 中二 荒川 惟孝 虫捕りの罠の中には油虫
 選評 惟孝君、虫捕りの罠に油虫を使うとはびっくりです。油虫を罠に使う虫とはどんな虫ですか。意外な発見ですね。
 ☆入選☆
 
福岡 小二 いい田はると 体けん会ゴロにとびつきあせだらけ
小牧 小三 稲山 若那 マスクして校歌をうたう終ぎょう式
名古屋 小四 上杉 美緒 夏の夜ジジジジジジと虫がなく
犬山 小四 西田  明 ばあちゃんがにゅういんしたの夏休み
郡上 小五 村瀬  凜 ていばんのもうすぐスタートなつ休み
豊田 小六 新實 颯太 両の手で交ごにあおぐうちわかな
名古屋 小六 佐野 心咲 風が吹きほのかに香るラベンダー
小牧 小六 稲山 瑠莉 手作りのバスボムを干す炎天に
福岡 小六 飯田 仁平 ノック受け汗がダラダラボールにも
大分 小六 飯田 涼乃 コンビニに朝のお使いせみ時雨
犬山 中一 西田  希 夏の雲太平洋へ大行進
一宮  高三 澤田 侑吾 溶けそうに机に向う日の盛り
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和3年9月号
 ☆特選☆
 
小牧 小三  いな山わかな そばかすのバナナはうまい大好きだ
選評

わかなさん、バナナは黒い点々のそばかすのあるのが一番おいしいですね。よいところに気づきましたね。

 大人はバナナにある黒斑、いわゆるシュガースポットが食べ頃であることを知っています。そしてわかなさんは、それをそばかすと表現したのです。着眼点は同じです。
 ☆秀逸☆
 
犬山 小四 西田あかり 水の田に逆さ電柱整列だ
 選評 あかりさん、面白いところに気づきましたね。普通の電柱の整列も面白いですが、逆さまに映っているとどんな感じをしましたか。
蒲郡  小五 市川誠之助 面打たれくやし涙や汗ぬぐふ
 選評 誠之助君、剣道をしていたのですか。面を打たれてさぞかし痛かったでしょう。こうして剣道は上手になっていくのです。
岡ア  小六 栗山いつき 六月はわたしの心しめりがち
 選評 いつきさん、六月の梅雨はうっとうしくていやですね。しめりがちと言うことは、いつきさんも何か思いなやむことがあったのですか。それでも楽しくすごしましょう。
 岡崎 小六 山崎明日香 服たたむ部屋までにおう花みかん
 選評 明日香さん、みかんの花の香りは強いので遠くまで匂いますね。たたんでいる服にみかんの匂いがうつるかもしれませんね。甘い匂いだとよいのですが。
小牧 小六 稲山 瑠莉 ねじばなのらせん階段空めざす
 選評 瑠莉さん、ねじばなは面白い花ですね。細かいのですが、らせん階段にふさわしいですね。らせんをたどっていくと空まで続くとは、面白い発想です。
 ☆入選☆
 
蒲郡 小二 三井ゆうり ゲンジボタルおしりがライトやくにたつ
福岡 小二 いいだはると 帰り道雲で夕日が真っ二つ
蒲郡  小四 廣中 一瑛 ほたるの火川にまあるく光ってる
郡上 村瀬  凜 あめがふりつゆに入ったあいずだね
岡ア 小六 小島 聖悟 梅雨にあき母の小言は長々と
岡ア 小六 高木  譲 手の中をひたすらもがくおけらかな
岡ア 小六 根岸 祥吾 あじさいの小道通れば服ぬれる
岡ア 小六 曽根 愛花 紫に縮れて開く花しょうぶ
岡ア 小六 稗田亜里沙 鈴蘭の花にふれればこぼれ落ち
福岡 小六 飯田 仁平 風鈴が何かを伝えているみたい
半田 中二 荒川 惟孝 ががんぼや教室中で騒がるる
一宮  高三 澤田 侑吾 三人でひとつの傘や梅雨に入る
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和3年8月号
 ☆特選☆
 
福岡 小六 飯田仁平 雨あがり蛍と星が重なった
選評

仁平君、よいところを見ましたね。地上の蛍と空の星の両方同時に見られたことは本当によかったですね。

 この句は蛍と星の取り合わせの句です。雨あがりの空に着目して、蛍を引き立てています。「重なった」の発想がよかったと思います。メルヘンのある句となりました
  ☆秀逸☆
 
蒲郡 三歳 みついさつき うしろむきでおよぐおさかななつのうみ
 選評 つきさん、うしろむきでおよぐ魚がいたのですか。おもしろいですね。それはどんな魚だったのですか。よく見て俳句を作っていますよ。
蒲郡  小二 廣中みくり そらまめがふわふわのわたからでてきたよ
 選評 みくりさん、そらまめをむくと、本当に中にふわふわのわたが出てきますね。よいところに気がつきました。
小牧  小三 稲山 若那 いいにおいもうすぐたけるまめごはん
 選評 若那さん、まめごはんはおいしいですね。それはにおいもよいし、味もよいからですね。まいねんこのじきになると楽しみですね。
岡ア  小六 根岸 祥吾 柏もち家族みんなの葉を重ね
 選評 祥吾くん、柏もちの葉っぱがそれぞれ家族の葉っぱなのですね。「みんなの葉を重ね」と詠んだところがよかったですよ。
岡ア  小六 佐藤 瀬奈 陽を浴びてふわりと牡丹散りにけり
 選評 瀬奈さん、じっくりと牡丹が散るのを見ていますね。牡丹は日が差す度に、散るのを発見したのですね。よいところを発見しました。瀬奈さん、じっくりと牡丹が散るのを見ています
  ☆入選☆
 
 福岡 小二 いい田はると まんまるのお花みたいな春の月
桜川 小四 中原 侑士 春の風うぶ毛をなでてくせになる
名古屋 小四 山田 和輝 かしわもちパクパク食べて五つへり
郡上 村瀬  凜 こいのぼりかぞくみんなでおどってる
岡ア 小六 木島 武流 ベランダに一日垂れて鯉のぼり
岡ア 小六 手島 玲菜 葉桜や木漏れ日ゆれる川堤
岡ア 小六 能見瑠璃子 母とむくエンドウ豆や指におう
岡ア 小六 和田梨々花 音もなく一日ゆれるけしの花
小牧 小六 稲山 瑠莉 登りきる古墳の跡に夏の風
犬山 中一 西田  希 蝸牛足跡残しドア上る
半田 中二 荒川 惟孝 ざらざらのかたつむり這う暑さかな
一宮  高三 澤田 侑吾 夏めくや抹茶のアイスでひと休み
  
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和3年7月号
 ☆特選☆
 
 岡ア 小六 山崎明日香 くねくねとお玉じゃくしのうきしずみ
選評

明日香さん、よく見ていますね。お玉じゃくしが泳いでいるのを見ると、本当に尾をよく振っていますね。

 この句は単純かもしれませんが、観察力が効いた俳句です。浮くときも沈むときも尾を振る様子を「くねくねと」という言葉を発見したのがよかったと思います
  ☆秀逸☆
 
蒲郡 小二 廣中みくり とんがってにわにたけのこでてきたよ
 選評 みくりさん、たけのこを見つけるにはとんがっているところをさがすのですね。うまくさがすことができましたか。
蒲郡  小二 三井ゆうり ジャンプしてぼうしにキャッチあげはちょう
 選評 ゆうりさん、ジャンプしてやっとあげはちょうをキャッチできたのですね。あとは虫かごにいれたのですか、それともにがしてあげたのですか。
福岡  小二 いい田はると 山の木々わかばで人のかおみたい
 選評 はると君、木もわかばでしげっていると、いろいろなものに見えるのですね。人のかおみたいに見えるとはおもしろいですね。
犬山 小四 西田  明 れんげそう田んぼをうめるカーペット
 選評 あかりさん、れんげそうはいちめんにに咲いていると、座りたくなるカーペットですね。座ってみたらどんな感じでしたか。
犬山  中一 西田  希 川の木に蜂の巣できて大騒ぎ
 選評 蜂の巣を見つけたときは大変でしたね。もし刺されるとこわいですね。川の木の巣はどんな巣だったのですか。
  ☆入選☆
 
蒲郡 三歳 みついさつき やもりくんきいろのはっぱにかくれたよ
小牧 小三 いな山わかな たらこスパいがいとうまい木のめかな
蒲郡 小四 廣中 一瑛 あまだれの穴子天ぷら島の店
郡上 小五 村瀬  凜 さくらのねはなびらいっぱいとんでいる
岡ア 小六 富山 希成 草もちの残り一個を取り合って
岡ア 小六 坂東 幸臣 登校の道路すれすれつばめ飛ぶ
岡ア 小六 井原 未来 手の平に一ひら二ひら散る桜
岡ア 小六 佐藤 瀬奈 拍手するテレビの式の入学児
小牧 小六 稲山 瑠莉 自転車を横切る蝶におどろきだ
福岡 小六 飯田 仁平 春の日をいっぱい浴びて山登り
半田 中二 荒川 惟孝 つやつやの蛙バケツで泳がせる
一宮  高二 澤田 侑吾 寝転びて桜のすきま空の青
   
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和3年6月号
 ☆特選☆
 
  半田 中二 荒川 惟孝 先生は布袋腹なり山笑ふ
選評

惟孝君、鋭いですね。先生の腹はそんなに大きいのですか。何だか私の腹も見透かされたように感じました。

 「布袋腹」は、日頃の先生の特徴をよく捉えています。先生に親しみを込めて詠んだのでしょう。ただここには無意識に大人に対するシニカルな眼も見えるようです
   ☆秀逸☆
 
蒲郡  小一 三井ゆうり ひこうきぐもがハートのかたち三一一
 選評 ゆうりさん、3月11日のことは忘れてはいけないことですね。ハートの形がよりそう気持ちをあらわしているのですね。
小牧 小三 稲山 若那 かみがたを変えて出かける終ぎょう式
 選評 若那さん、終業式は大事な学校の行事ですね。かみがたを変えて出かけるのは気持ちがひきしまりますね。
岡崎  小五 富田 聖也 路地裏の地面すれすれ燕飛ぶ
 選評 聖也くん、よく見ていますね。すれすれに飛んで、えさをとっているのですね。どんな虫をとっているのかな。
小牧 小五 稲山 瑠莉 瑠莉さん、あおむけに寝る猫はどんな猫ですか。すっかりかぞくになついているのですね。
 選評 瑠莉さん、あおむけに寝る猫はどんな猫ですか。すっかりかぞくになついているのですね。
犬山 小六 西田  希 電車へと舞い込む花もお客様
 選評 希さん、よいところを発見しましたね。花びらがお客様と思ったのは、それだけ花びらがかわいいからですか。
 ☆入選☆
 
蒲郡 三歳 みついさつき あめんぼとげんごろうがおにごっこ
福岡 小一 いいだはると かけざんがたのしみなんだ二年生
蒲郡 小二 廣中みくり あめの中かたつむりさんならんでる
名古屋 小二 牧野 璃久 こうえんでかおより長いつくしつむ
蒲郡 小三 廣中 一瑛 雨上がり野球はじまる春のにじ
名古屋 小三 浅原 沙水 鳥たちの歌で目覚める春の朝
犬山 小三 西田あかり 五条川桜の絵かき大集合
郡上 小四 村瀬 りん さくらがね川いっぱいに咲いてるよ
岡崎 上葛 紗那 山桜地面にしかれたカーペット
岡崎 小五 中根 愛花 尾を振らぬお玉杓子の沈みけり
福岡 小五 飯田 仁平 六年生綿毛と共に旅立つよ
名古屋 高三 赤川  舞 幼子と菜の花畑の丈同じ
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和3年5月号
  ☆特選☆
 
  岡崎 小五 中根 愛花 手の平の日差しの中に春がある
選評

愛花さん、よいところを見つけましたね。春はどこにもあるのですね。手の平が暖かくなったでしょう。

この句は素直な発見がよかったと思います。春はどこからも感じることが出来ますが、手の平の中にあるというささやかで、詩ごころがある発見です
  ☆秀逸☆
 
横浜 六歳 かとうともやす きたかぜにまえがみなくなったきぶん
 選評 ともやす君、北風がそんなにつよかったのですか。まえがみがなくなったとは、おもしろい発見ですね。髪の毛が後ろにひっぱられたのですね。こういうのをオールバックといいますね。
名古屋 六歳 いとうひより ひなのまにきめつのグッズいっぱいよ
 選評 ひよりさん、おひな様といっしょにいま流行のきめつのやいばのグッズをかざったのですか。きめつのやいばはほんとうにおもしろそうですね
桜川 小三 中原 侑士 ミニトマト口にくわえてリスになる
 選評 侑士君、ミニトマトはひと口で食べられますね。口にくわえたかっこうはほんとうにリスみたいなかんじをしたのですね。ただトマトを食べることはだいじなことですよ。
郡上  小四 村瀬 りん 雪だるまおおきなかおでたおれそう
 選評 りんさん、郡上では今年大雪がふったのですか。大きな雪だるまを作ることができてよかったですね。あまり大きすぎてたおれそうだったのですね。気をつけて下さいね。
 犬山 小六 西田  希 お雛様横目で道路見張ってる
 選評 希さん、希さんのお雛様は道路がよく見えるところにかざってあるのですね。お雛様が横目で見ているとは面白いところを発見しましたね。
 ☆入選☆
 
蒲郡 小一 廣中みくり すいせんのきいろはすこし白がすき
福岡 小一 いいだはると えほうまきじぶんでつくってたのしいな