トップページへ戻る
TOPページへ戻る 投句フォーム 選句結果
選句結果                       選者 国枝 隆生

 伊吹嶺ジュニア俳句 令和2年9月号
 ☆特選☆
 
福岡 小五 飯田 仁平 泥だらけ星人になり田植えする
選評 仁平君、泥だらけ星人って、どこの星の人間ですか。その星から来て田植をしているように見えたのですね。
この句は「泥だらけ星人」と思い切った比喩が成功しています。多分子供が田植をしていると、その泥だらけから発想が広がったのでしょう。
 ☆秀逸☆
 
蒲郡 三歳 みついさつき だんごむしちょんとやったらまるまった
藤沢 小一 上野ひか璃 あめしずくほうせきのようてんのシャワー
蒲郡 小一 ひろなかみくり かたつむりしらずにふんでごめんなさい
岡崎 小五 井原 未来 母のまね鏡にうつすサングラス
豊田 小五 新實 颯太 ソーダ水緑の中にあわ光る
 ☆入選☆
 
名古屋 五歳 磯村すみれ バーベキューきょうはたのしいことばかり
蒲郡 小一 みついゆうり じょうおうありとちいさいありがおにごっこ
福岡 いいだはると がっこうがはじまる六がつうれしいな
小牧 小二 いな山わかな 父の日にせなかながしてわらいあう
犬山 小三 西田あかり 風鈴の音色の真下耳すます
名古屋 小四 岡本 璃々 食いしんぼおたまじゃくしはおちょぼ口
郡上 小四 村瀬 りん 夏休みコロナでとてもみじかいよ
岡崎 小五 中島 太陽 冷麦のピンクと緑取り合いだ
岡崎 小五 米原 樹里 ビール飲む真っ赤っかなる母の顔
豊田 小五 片山 和美 いろいろなマスクのもよう梅雨に入る
名古屋 小六 鬼頭 直輝 妹の緑のトマト赤くなれ
半田 中一 荒川 惟孝 大みみずまつすぐ伸びて流れけり
京都  六歳  かわきたあきの  はやすぎだケーキづくりをまちがえる
 犬山  小六 西田 希  風鈴に合わせピョンピョン鳥踊る
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和2年8月号
 ☆特選☆
 
名古屋 小三 山田 和輝 おばあちゃん朝昼夜と新茶のむ
選評

和輝君、おばあちゃんのことよく見ていますね。本当に新茶が好きなんでしょうね。よく見ていると思います。

この句は祖母世代と孫世代の違いがよく見えています。私たち祖父、祖母世代にとって新茶が好きなのは当たり前です。しかしこの句は孫世代の視点が際立っています
 ☆秀逸☆
 
豊田 小五 新實 颯太 青色かな緑色かな夏の山
小牧 稲山 瑠莉 梅干しのしわの形はばあちゃん似
犬山 小六 西田  希 ハンモックバランスくずして草の上
半田 中一 荒川 惟孝 かみついて蟻が芋虫解体す
名古屋 中二 野瀬 彩名 宿題の手作りマスク夏が来た
 ☆入選☆
 
蒲郡 小一 ひろなかみくり びっくりだおにわのたけがのびてきた
蒲郡 小一 みついゆうり ゆうがたのママのみずやりにじがでた
福岡 いいだはると ゆうやけがやまをかこってひかってる
名古屋 小二 佐野 友香 春の風窓から入る気持ちいい
小牧 小二 いな山わかな 父さんのすきなゴーヤにヒゲがはえ
蒲郡 小三 廣中 一瑛 百ぴきのゆらゆらゆれるこいのぼり
犬山 小三 西田あかり 風呂上りアイスクリームは最高だ
蒲郡 小四 加藤日南乃 ひみつきち作る公園あせたらたら
豊田 小五 芳賀 忠義 水しぶき上げ魚追う夏の川
福岡 小五 飯田 仁平 フラワームーン夜空明るく照らしてる
横浜 小六 加藤 希実 コロナ禍で足音響く花見かな
名古屋 小六 佐野 心咲 クローバー小さな幸せ見つけたよ
京都   六歳 かわきたあきの  しんぶんがどっさりあるよたいへん
 郡上  小四  村瀬 りん  まっかなねすごくおいしいトマトだよ 
 一宮  高二  澤田 侑吾 五月晴れコロナに負けず乗り越え
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和2年7月号
 ☆特選☆
 
小牧  小五 稲山 瑠莉 もうあきたあまりに長い春休み
選評 瑠莉さん、今年の春休みはほんとうに長かったですね。長い間友達にも会えなかったので、さみしかったのですね今年はコロナウイルスのために、異常に長い春休みでした。さすが小学生も、外出自粛は絶えられなかったのでしょうね。今年ならでは俳句です。
  ☆秀逸☆
 
京都 五歳 かわきたあきの あひるがねさかなをたべためだかをね
蒲郡 小三 廣中 一瑛 おたまじゃくしきゅうくつそうにかたまって
蒲郡 小四 加藤日南乃 さくら貝わたしのつめと同じいろ
小牧 小五 加藤みはね さや取ればえんどう青いにおいする
犬山 小六 西田  希 花みかん見ているあの子知らない子
 ☆入選☆
 
蒲郡 小一 ひろなかみくり はるのはとわたしのあとをついてくる
蒲郡 小一 みついゆうり こうえんにさくらのあめがふってきた
福岡 小一 いいだはると たんぽぽのわたげがとんでどこいくの
小牧 小二 いな山わかな 竹の子のかわはむいてもまたあるよ
岡崎 小四 上葛 沙那 山ツツジ風にゆられておどってる
豊田 小五 新實 颯太 春の朝こげたベーコンパンにのせ
豊田 小五 木原かづみ いつも取る目ざしのはらわた父が食べ
豊田 小五 芳賀 忠義 エイプリルフールぼくの嘘すぐばれる
亀山 小五 田中れいな 自転車で力いっぱい春の坂
小牧 中一 加藤りのあ 夏空を飛行機雲が二分する
半田 中一 荒川 惟孝 巣作りの足ふみはづす足長蜂
犬山 中二 西田  栞 花蜜柑笑顔振りまくおばあちゃん
 犬山  小三  西田 あかり  ばあちゃんのみやげに届く桜もち
 福岡  小五   飯田 仁平  シャンボン玉風が強くてむずかしい
 一宮  高二  澤田 侑吾  真夜中の春雷に犬怯えなく
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和2年6月号
 ☆特選☆
 
名古屋  六歳 櫛下琉之介 あめんぼうはっぱの舟のせんちょうだ
選評

琉之介くん、あめんぼうが葉っぱの上に乗っているのを見たのですね。グッドタイミングでよかったですね。

あめんぼうが時に葉の上に乗ることはありますが、そのあめんぼうが舟の船長だと発想を飛ばしたのがよかったと思います。六歳としての感性がすばらしいと思いました。

  ☆秀逸☆
 
蒲郡 小二 廣中 一瑛 入がくしきじいちゃん見てる天国で
蒲郡 小三 加藤日南乃 あおむぎがみんないっしょにおじぎした
亀山 小四 田中れいな 顔おおう手作りマスク春の色
岡崎 小六 加藤  崇 青空の光の中に桜散る
半田 荒川 惟孝 ぼろぼろの穴を残して地虫出づ
 ☆入選☆
 
蒲郡 六歳 みついゆうり えんそくのべんとうにゆきおちてきた
福岡 六歳 いいだはると そつえんしきみんなとえがおでおわかれだ
名古屋 小二 櫛下 渓人 桜さいた一人もいない公園に
名古屋 小二 淺原 沙水 受験の日鉛筆おどる紙の上
犬山 小二 西田あかり 春の風いきおいつけるすべり台
蒲郡 小三 豊田 陽哉 ママるすのゴロゴロしてる春休み
岡崎 小四 上葛 沙那 縄とびでピョンピョンはねる春のゆめ
犬山 小五 西田  希 指だしてちょうちょ止まれと待っている
大阪 小四 中川 沙知 コロナ菌春一番にのってくる
福岡 小四 飯田 仁平 じしゅくしてやっと明けるよ春休み
蒲郡 小五 豊田 美空 友達とスライムこねこね春休み
小牧 小五 稲山 瑠莉 祖母葬り桜の開花気づきけり
 蒲郡  六歳  ひろなかみくり  えんそくでうみからかぜだとばされる
 岡崎  小二  上葛 瑛太  さくら山のぼったのにまたおりて行く
 小牧  小二  いな山わかな  かわいいなくちべにいろのチューリップ
 郡上  小三  村瀬 りん  春がきたさくらが咲くのたのしみだ
一宮  高一  澤田 侑   春の暮澄んだ空気に映える空
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和2年5月号
 ☆特選☆
 
小牧 小四 稲山 瑠莉 チューリップ新芽の赤ははずかしげ
選評

瑠莉さん、チューリップが芽を出したのですか。はずかしそうな小さな芽なのですね。この句は新芽が恥ずかしそうだと見たポイントに「赤」を発見したところが具体的で素直な写生です。難しい擬人化を自然体に詠んでいます。

   ☆秀逸☆
 
蒲郡 小二 廣中 一瑛 春なのに学校休みつまんない
犬山 小二 にしだあかり じいちゃんの頭に一こ豆まいた
岡崎 小六 北川 太陽 立春の太陽ビルをかがやかす
岡崎 小六 須藤 星斗 菜の花や海の波音ひびき来る
半田 小六 荒川 惟孝

卒業期糸のほつれしランドセル

 ☆入選☆
 
東京 五歳 田中 光穂 豆まきで痛がる鬼はおとうさん
福岡 六歳 いいだはると はるのよるどうろにひかりおちている
小牧 小一 いな山わかな きんせんかオレンジいろはたのしいな
蒲郡 小三 加藤日南乃 かふんしょうはな水たらたらたきのよう
名古屋 小三 岡本 璃々 送る歌聞かせたかった六年生
郡上 小四 村瀬 りん みかんはねいちどたべたらとまらない
亀山 小四 田中 伶奈 みつばちが小さな花のみつ集め
福岡 小四 飯田 仁平 さそり座がしずんでオリオン上ってく
犬山 小五 西田  希 花粉症くしゃみ五連発涙の目
豊田 小四 新實 颯太 川の土手デジカメでとるつくしんぼ
岡崎 小六 手島 由奈 桜草日当たりながら揺れており
一宮 高一 澤田 侑吾 風に乗り甘く香るや梅の花
 東京  二歳 田中 志依  しよちゃんの食べたらダメだよのこしてる
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和2年4月号
  ☆特選☆
  
豊田 小四 安藤 陽子 おはようと母の笑顔が初景色
選評

陽子さん、元旦の朝に一番に見るのがお母さんで、新年のあいさつをしているお母さんの笑顔がすてきですね。

この句は元旦の朝に新年のあいさつをするのは普通ですが、そのお母さんの笑顔が初めて見る景色だと思ったのが、子供らしい発想です。

   ☆秀逸☆
 
名古屋 四歳 安藤かおこ がらすまどおしくらまんじゅうあめのつぶ
蒲郡 六歳 みついゆうり たこあがれてんまでとどけうちゅうまで
名古屋 小三 安部はるか お正月のるのがこわい体重計
大分 小四 飯田 涼乃 お年玉もらうためにはお手伝い
岡崎 小六 田中智恵理

鳥の声だけがしている四方拝

   ☆入選☆
 
蒲郡 六歳 ひろなかみくり しろいいきリレーのたすきなおくんへ
福岡 六歳 いいだはると はれたよるあかくかがやくおつきさま
小牧 小一 いな山わかな ゆきおんなみんなでよんだかみしばい
桜川 小二 中原 侑士 初旅やそばに電車があればいい
蒲郡 廣中 一瑛 風よこい糸ひっぱれよてんぐ凧
名古屋 淺原 沙水 庭の梅つつくめじろはお客さん
犬山 西田あかり 手のひらの星砂さがす初のたび
磐田 小三 さいとうそうた 日の出前かもがすべるよ波の上
蒲郡 小三 加藤日南乃 北風と二年生を待つ上級生
名古屋 小三 岡本 璃々 つばきさんしいたジュータンまんまるだ
福岡 小四 飯田 仁平 寒い日に満月見たらほっとする
半田 小六 荒川 惟孝 丸善の袋つやめく春隣
 小牧  小四  稲山 瑠莉  出してない友からも来た年賀状
 犬山  小五  西田 希 庭の木が葉っぱを落としたはだかんぼ
 一宮  高一  澤田 侑吾  昨年と同じ末吉初みくじ
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和2年3月号
  ☆特選☆
 
半田 小六 荒川 惟孝 餅つけばお餅が杵をはね返す
選評

惟孝君、お餅を付いていると、杵をはね返すとはびっくりですね。まるでお餅が生きているようですね。

この句は餅つきの経験に基づいた発見がすばらしい。杵杵を打ち下ろすときの餅の反発力をよく見ています。そこには餅に意志があるように詠んでいます。

  ☆秀逸☆
 
蒲郡 五歳 みついゆうり スーパーのふくろがおもいおおみそか
小牧 小一 いな山わかな ふわふわのブーツのなかはてんごくだ
蒲郡 廣中 一瑛 たこあげのたこをひきずり走るパパ
名古屋 小二 淺原 沙水 忍びかな透明なのかなサンタさん
小牧 小四 稲山 瑠莉 ばあちゃんの留守にこたつでかくれんぼ
  ☆入選☆
 
蒲郡 六歳 ひろなかみくり はつもうでキックボードでじんじゃまで
福岡 六歳 いいだはると ひこさんでおちばのクッションにジャンプ
犬山 小二 西田  明 おもちつきむしたお米をつまみぐい
蒲郡 小三 加藤日南乃 しかせんべいわたしをおって親子じか
名古屋 小三 安部はるか 飼い犬がこたつに入り出てこない
名古屋 小三 岡本 璃々 かんざくらほっぺが冷えるピクニック
郡上 小三 村瀬 りん 冬の山すごくすべるよきおつけよ
小牧 小四 加藤みはね じいちゃんとばあちゃんに書く年賀状
名古屋 小五 玉井 康貴 お年玉何に使うか迷う日々
犬山 小五 西田  希 おでんなべ好きな大根独りじめ
小牧 小六 加藤りのあ かべ紙を可愛くかえて大みそか
浦添 小六 仲宗根 映 沖縄は雪が降らずでがっかりだ
 大分  小4  飯田 涼乃  がめ煮が好き急げ急げと帰ったよ
 福岡  小4  飯田 仁平 弟が落ち葉のクッションへジャンプした
 一宮  高1  澤田 侑吾  結露した窓に落書冬うらら
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和2年2月号
  ☆特選☆
 
岡崎 小六 中川 愛花 木枯や山をゆさぶる一日なり
選評

愛花さん、山をゆさぶるほどの木枯とはびっくりですね。そんな一日に何を思ったのですか。この句は結構大人が詠んでもおかしくない句です。「山をゆさぶる」は目に見えないですが、実感として感じたのだと思います。感性のゆきどといた句です。

  ☆秀逸☆
 
名古屋 小二 淺原 沙水 妖怪だいもほる孫に爺が言う
蒲郡 小三 加藤日南乃 ゆどうふのゆげたちかおが見えないよ
福岡 小四 飯田 仁平 おばあちゃんち冬のにおいの夕方だ
岡崎 小六 清水 涼香 えん側に足投げ出して日向ぼこ
岡崎 小六 桜井 茂樹 はふはふと鯛焼き食べる弟と
 ☆入選☆
 
蒲郡 五歳 みついゆうり パチパチとやきマシュマロのたきびだよ
福岡 六歳 いいだはると ひこさんにはじめてのぼってくものうえ
犬山 中一 西田  栞 かじかんで自転車通学指まっ赤
犬山 小二 西田あかり 家族たち今日からこたつとくちぐちに
横浜 小四 加藤 希実 秋のくれ教室の本めくる風
犬山 小五 西田  希 夕焼けを見ている仲間顔真っ赤
岡崎 小六 手島 由奈 熱かんの父が「はああ」と息をはく
岡崎 小六 田中 智恵理 切株のかわいて白き冬田かな
岡崎 小六 前田 優実 山の端の際立つ日々や冬初め
岡崎 小六 丸山 麻央 はしすべるおでんの玉子しるとばす
半田 小六 荒川 惟孝 ランドセル冬暖かな背中かな
一宮 高一 澤田 侑吾 防寒着着込みすぎたよダルマ型
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和2年1月号
  ☆特選☆
 
名古屋 小三 岡本 璃々 とちの実がおちばの下にかくれんぼ
選評

璃々さん、とちの実がおちばの下にあるのをかくれんぼしていたと思ったのですね。よく見つけましたね。
この句は栃の実を擬人化して詠んだところがよかったと思います。擬人化の一つの結果がかくれんぼという子供らしい行動に表れています。

  ☆秀逸☆
 
蒲郡 六歳 ひろなかみくり あきのそらなわとびひゃっかいあしいたい
小牧 小一 いな山わかな ふじばかまおはなちぎればいいにおい
犬山 小二 にしだあかり 赤色の空赤とんぼどこいった
員弁 小五 松葉 杏寿 スイカがね私を食べてとよんでいる
岡崎 小六 丸山 麻央 はらわたを好む父なりさんま食べ
 ☆入選☆
桜川 小二 中原 侑士 先生はとっても甘いかき氷
名古屋 小二 淺原 沙水 山ぞいで紅葉見上げしんこきゅう
蒲郡 小三 加藤日南乃 手をたっちおにがじゅん番秋の空
郡上 小三 村瀬 りん 赤とんぼたのしそうにとんでいる
小牧 小四 稲山 瑠莉 運動会負けてばかりの玉転がし
福岡 小四 飯田 仁平 金木せい夜に居場所を教えてる
長久手 小五 木村  旭 月も見ずお団子食べて腹いっぱい
犬山 小五 西田  希 夕空にまぎれまいごの赤とんぼ
員弁 小五 辻 多加良 かきごおりきれいな色の山食べる
岡崎 小六 前田 優実 妹と歌いながらの花野かな
半田 小六 荒川 惟孝 おじぎしてせんべいねだる小鹿かな
一宮 高一 澤田 侑吾 仲間との友情深む学園祭
 
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 令和元年12月号
  ☆特選☆
 
員弁 小五 水谷 奏心 夏の夜星が私を見つめてる
選評

奏心さん、星があなたを見ているのですか。すごいですね。きっとよく光っている星なのですね。

この句は作者が星を見ているのでなく、星が自分を見ていると、逆の見方がよかったと思います。誰でも星が自分を見つめほしいとの願いがよく出ています。

 ☆秀逸☆
 
大分 小一 いいだえいすけ うんどうかいからあげおむすびエビフライ
桜川 小二 中原 侑士 赤とんぼ電車おりたらついてくる
犬山 小二 にしだあかり カーテンにとのさまばったのシルエット
大分 小四 飯田 涼乃 九月だよ二分の一の成人式
犬山 小五 西田  希 よいこらしょおんぶばったのお通りだ
 ☆入選☆
 
蒲郡 五歳  みついゆうり ぴっとして「ヨーイ」のかまえうんどうかい
福岡 六歳 いいだはると おつきさまなんでうさぎがすんでいるの
名古屋 小一 武田 勇紀 かしきりのプールでおぼれ水のんだ
名古屋 小二 淺原 沙水 落ちあゆを食べると母は猫と言う
郡上 小三 むらせりん 小鳥はねぴいぴいなにかいっている
名古屋 小四 武田 春紀 ビートバンで舟を作ったプールの日
員弁 小五 川畑 茉穂 太陽が海と重なり宝のよう
員弁 小五 水谷 寧々 ふうりんがチリンと心おだやかに
員弁 小五 前田 綾花 川にさく花火心をゆさぶるよ
岡崎 小六 木村 圭吾 話しつつ父といっしょに墓洗う
岡崎 小六 西山ひかる 世話を焼く集団下校もずの声
半田 小六 荒川 惟孝 朝露にかまのかがやくかまぎっちょ
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和元年11月号
 ☆特選☆
 
蒲郡 五歳 みついゆうり だんごむしどこにめがあるくちはどこ
選評

ゆうりさん、だんごむしの目や口があるかどうか分かりませんね。おもしろいところを見ていますね
この句は団子虫の特性をよくとらえた発見の句です。確かに目、口は見えませんし、前後も分かりません。そして中七の疑問と下五の疑問のたたみ掛けもみごとです

 ☆秀逸☆
 
丹羽 四歳 ながさきはる かわにうつったはなびのほうがおおきいよ
犬山 小二 西田あかり このにおい夕立ち雨のおとしもの
郡上 小三 村瀬 りん 花火がねおおきなこえでさけんでる
犬山 小五 西田  希 ひまわりがダンスを踊る風の中
桑名 小六 太田 有祈 片思い夜に終わって花火咲く
 ☆入選☆
 
福岡 五歳  いいだはると しらさぎさんさかなといっしょににらめっこ
桜川 小二  中原 侑士 父さんと車で見たよ大花火
名古屋 小二  淺原 沙水 くわがたがかごから逃げて大あばれ
蒲郡 小三  加藤日南乃 かぶりつくなしのしるおちべたつくよ
福岡 小四  飯田 仁平 かぶと虫いっしょに帰ろう夜行バス
大分 小四  飯田 涼乃 山登りやっとこえたよ三〇〇〇メートル
岡崎 小六  根津きらら 友達とストロー二本ソーダ水
半田 小六  荒川 惟孝 あめんぼう陸に上がってひと休み
長久手 小六  木村  旭 東京の汗にもまれる旅鞄
小牧 小六  加藤 りのあ 八センチ丈をのばして着るゆかた
桑名 小六  吉田 理帆 夏祭り金魚すくいでそでぬれる
一宮 高一  澤田 侑吾 ラムネ飲む部活終りし友と僕
  
   伊吹嶺ジュニア俳句 令和元年10月号
  ☆特選☆
 
桑名 小五 神谷 明里 あじさいの花の青色雨の色
選評

明里さん、あじさいの花の色の中で、青色が好きな色ですか。雨のような色が美しいと思ったのですね

あじさいの色に着目した句はよくあります。青色は空の色、海の色といろいろ想像されますが、雨の色と感じたところに新鮮さがあり、「色」の重ね言葉がよく効いています
 ☆秀逸☆
 
蒲郡 五歳 みついゆうり つゆだからくもさんいっぱいないてるね
名古屋 五歳 櫛下琉之介 ゆうだちはあめがおこっているんだよ
蒲郡 小二 廣中 一瑛 かばのかおバアちゃんみたいすずしそう
名古屋 小二 淺原 沙水 ひまわりは太陽向いてにらめっこ
小牧 小四 稲山 瑠莉 扇風機の羽根に向かってさけんでる
 ☆入選☆
 
名古屋 五歳 たけだゆうき つゆがらすおにわにはねをおとしたよ
小牧 小一 いなやまわかな あねととるとうさんすきなみょうがのこ
犬山 小二 西田あかり 木にのこるセミのぬけがらこわしたい
名古屋 小三 岡本 璃々 ヌマエビが生んだ赤ちゃん五十匹
郡上 むらせりん こどもの日かぞくそろって手まきずし
福岡 小四 飯田 仁平 雲のみね車のまどに動いてる
大分 小四 飯田 涼乃 台風が日本にせっ近令和初
犬山 小五 西田  希 早起きのせみの合唱がんばるね
瀬戸 小六 深谷 洸太 サッカーやぶつかり合って汗がとぶ
半田 小六 荒川 惟孝 やしの実の粉のベッドよかぶと虫
桑名 小六 高橋 理子 梅雨明けの空から空へ虹の橋
一宮 澤田 侑吾 夏祭りはしゃいで笑った夢の夜
福岡    五歳  いいだはると  せみさんはことしははやくないている
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和元年9月号
   ☆特選☆
 
岡崎 小六 和田 愛子 土を出て伸びて縮んでミミズはう
選評 愛子さん、ミミズの動きをよく見ていますね。見れば見るほど面白い動きですね
ジュニア俳句でここまで細かく物を観察した句はあまり見かけません。「伸びて縮んで」の写生が具体的でよかったと思います
 ☆秀逸☆
 
東京 小一 しらかわあやね あさがおのつるがのびのび右まきだ
小牧 小四 稲山 瑠莉 父の日の手紙読む顔とろけてる
犬山 小五 西田  希 手のひらにうんち残したかたつむり
岡崎  小六 湯浅 武志 かきこめばこめかみ痛しかき氷
半田 小六 荒川 惟孝 木をけずり筋トレをするかぶと虫
 ☆入選☆
 
福岡 五歳 いいだはると ほたるさんながれぼしみたいさようなら
桜川 小二 中原 侑士 イルカがねピョンとはねたら夏はじめ
犬山 小二 西田あかり かたつむりまっすぐきたね光ってる
名古屋 小三 岡本 りり せんぷうきぐるぐる回すお父さん
福岡 飯田 仁平 おばあちゃんちほたるの家まで一直線
岡崎 小六 木村  毅 くり返すトランプ遊び梅雨長し
岡崎 千賀 正成 新聞紙ふん落ちる音つばめの巣
岡崎 船田 紘一 父と子の夜づりのうきは少し離れて
岡崎 小六 小田 和恵 ソーダ水ストロー五本友四人
岡崎 小六 西田 有菜 たのまれて庭のムカデを父がふむ
岡崎 小六 丸尾万里子 空豆の青きにおいや母とむく
犬山 西田  栞  紫陽花に雨の輝き真珠玉
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和元年8月号
  ☆特選☆
 
桜川 小二 中原 侑士 いっぽんはまじめな父のカーネーション
選評

侑士君、カーネーションは母の日に買ったものですか。その中の一本をお父さんにあげるとは心やさしいですね。

 この句は母の日のことは何も言っていませんが、はっきりしています。その母の日のカーネーションの一本は真面目な父のためのカーネーションだと言っている中に侑士君の気持ちが痛いほど分かります

  ☆秀逸☆
 
蒲郡 五歳 みついゆうり くすぐったいてんとうむしがうでにいた
大阪 五歳 中川 紗菜 おばあちゃんにトランプにかったこどもの日
犬山 小二 西田あかり 山の道わらびいっぱいせいくらべ
岡崎 小六 安西  樹 空に尾がからまっている鯉のぼり
半田 小六 荒川 惟孝 飼い犬になめられたクモあおむけに
 ☆入選☆
 
福岡 五歳 いいだはると ほたるさんこんなにさむいのにでてきたの
蒲郡 小二 廣中 一瑛 アメリカのトロフィーながい五月ばしょ
名古屋 小二 淺原 沙水 八度五分しょうぶ湯入れぬこどもの日
東京 小三 松井 大輔 まんかいのさくらの下でおにごっこ
小牧 小四 稲山 瑠莉 口いっぱい開けてえさ待つ燕の子
福岡 小四 飯田 仁平 ランドセル重くなったよ四年生
犬山 小五 西田  希 木の根道何度も見上げ汗をふく
岡崎 小六 小林 寛二 今朝の雨川をまたいで虹が立つ
岡崎 小六 千賀 静雄 缶けりの缶をひろって夕焼かな
岡崎 小六 酒井 静香 五月来るほうきのはき目庭につけ
岡崎 小六 本山真理子 夕焼や横丁に聞く寺の鐘
東京 中一 松井 詩織 春の日にかみなびかせて鬼ごっこ
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和元年7月号
 ☆特選☆
 
岡崎 小六 筒井 汀子 たんぽぽのわた父が吹く母が吹く
選評

汀子さん、たんぽぽのわたを両親と一緒に吹いたのですか。親子三人一緒で楽しそうですね。

たんぽぽを吹く日常のひとこまがリフレインを効かせてリズム感のよい句です。汀子さんは自分のことは何も言っていないのですが、三人で吹いたことが分かります

 ☆秀逸☆
 
名古屋 小四 武田 春紀 四年生始まりゃすぐに宿題だ
小牧 小四 いな山るり 思い出をとじこめすみれおし花に
福岡 小四 飯田 仁平 春の雨祭りのあとのにおいがする
横浜 小五 加藤 希実 アラベスク指の先にはおぼろ月
岡崎 小六 国本 啓子 故郷の春満月はぬれている
 ☆入選☆
 
大分 三歳 いいだあきお はなびらがちょうちょうみたいにとんでいる
福岡 五歳 いいだはると おおあめがトンネルでたらもっとふる
名古屋 小一 たけだゆうき にいちゃんとべんとうつくって花見した
大分 小一 いいだえいすけ こうえんではちがおはなとあそんでる
桜川 小二 中原 侑士 ばあちゃんにプレゼントするお年玉
蒲郡 ひろなかいちよう あそんでてわたげがふわりきれいだな
大分 小四 飯田 涼乃 さくらの木花びら散って丸はだか
名古屋 小五 深谷 洸太 桜咲き風に吹かれてさびしそう
半田 小六 荒川 惟孝 春風があみ戸についた葉をゆらす
岡崎 小六 近田  翼 前庭の尾がからまった鯉のぼり
瀬戸 中一 澤田 和貴 入学式隣の席の知らない子
一宮 高一 澤田 侑吾 窓辺から桜見てゐる祖母の家
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 令和元年6月号
  ☆特選☆
 
瀬戸 小六 澤田 和貴 卒業式筒につまった六年間
選評

和貴君、とうとう小学校を卒業したのですね。卒業証書を入れた筒からどんな思い出が見えたのですか。

 この句は面白い発想で詠まれています。小学校の六年間の思い出が卒業証書ある筒の中に詰まったと見たのです。筒の中の思い出がユニークです。

   ☆秀逸☆
 
名古屋 六歳 たけだゆうき ぶらんこをこいだらくもがちかづいた
桜川 小一 中原 侑士 大空でおおさわぎするこいのぼり
犬山 小一 西田あかり かたくりはせなかに花びら背負ってる
名古屋 小二 安部はるか お花見で花よりスマホの大人たち
半田 小五 荒川 惟孝 うららかや流木の背に亀の群れ
 ☆入選☆
 
丹羽郡 四歳 ながさきはる しゃぼんだまきょうようちえんやすみなの
蒲郡 五歳 みついゆうり じゅうにまいどうしてきるのおひなさま
名古屋 五歳 櫛下琉之介 つくしんぼママにおみやげあげよかな
蒲郡 小一 廣中 一瑛 おひなさま小さなはこにねむったよ
名古屋 小一 増田 脩馬 友だちと学校がえりつくしとる
名古屋 小三 武田 春紀 青空へとびたちそうだチューリップ
福岡 小三 飯田 仁平 菜たね梅雨地面にうちたてあわが出る
小牧 小四 いな山るり 白ねこのしっぽいっぱい雪やなぎ
犬山 小四 西田  希 かたくりの花の秘密をのぞいたよ
浦添 小五 中曽根 映 桜さき白いドレスの花嫁だ
岡崎 小六 横井 大和 ヒバリ鳴く空に探して見つからず
一宮 中三 澤田 侑吾 恩師への感謝溢るる卒業日
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 平成31年5月号
 ☆特選☆
 
小牧 小三 いな山るり さがしても乙女つばきの芯はなし
選評

るりさん、乙女つばきには花びらがおおくて芯が見つけられないのですね。いろいろなつばきがあるのですね。

 よく観察された句です。乙女椿と普通の椿との違いを知って詠んだのです。花びらが多いことを、探しても芯が見えないと詠んだのは大人でも見過ごしがちです

  ☆秀逸☆
 
福岡 五歳 いいだ はると かふんがねふんかしているやまのなか
蒲郡 六歳 ひろなかいちよう ぶらんこをこいだら空にちかづくよ
名古屋 小一 淺原 沙水 発表会チューリップの芽がおうえんだ
三島 小四 内田 妃菜 インフルで高熱でてもチョコ甘し
瀬戸 小六 澤田 和貴 進学やきたいをのせる制服に
 ☆入選☆
 
犬山 小一 西田あかり しんせつにシロップかけてたべたいな
名古屋 小二 安部はるか 豆まきでふたつぶ犬におすそわけ
豊田 小三 新實 颯太 紙風船たたけばパンと音がする
豊田 小三 湯中 陽介 風車口とがらせて強く吹く
福岡 小三 飯田 仁平 かたすみに小さくさいた梅の花
犬山 小四 西田  希 初雪に出会ってみたが積もらない
豊川 小五 斎藤 咲来 猫のピン作って直す冬の夜
半田 小五 荒川 惟孝 ぼろぼろの樹皮がかがやき春来る
岡崎 小六 猫田 則夫 身を一つ一つすすってしじみじる
岡崎 小六 温井 寧音 針供養祖母と一緒にとうふさす
岡崎 小六 三浦 睦夫 鬼の面の父が逃げるよ福は内
犬山 小六 西田  栞 準備したプリンのカップ氷張る
名古屋 小三   武田 春紀  大寒に白息かけて耳いたい
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 平成31年4月号
  ☆特選☆
 
 福岡 小三 飯田 仁平 お年玉もらっているのおすもうさん
選評

仁平君、おすもうさんが勝ったところをテレビで見たのですか。賞金はお年玉ですか。毎日貰っているのですか。

 この句の面白いところは、勝ち力士の賞金をお年玉と認識したところです。大人は年六場所のことを知っていますからお年玉のような発想は出ません。子供らしい発想です

 ☆秀逸☆
 
福岡 五歳 いいだ はると さかなさんゆきがふったらどうするの
名古屋 小一 淺原 沙水 空に凧風に自分がひかれてる
半田 小五 荒川 惟孝 ぼくの場所犬にとられるこたつかな
岡崎 小六 深田  創 桜もち葉を食べる人残す人
岡崎 小六 野見山奈央 母が言う目刺しの頭食べなさい
  ☆入選☆
 
蒲郡 五歳 みついゆうり ふとったりやせたりするよ冬の月
蒲郡 六歳 ひろなかいちよう かきぞめの一はぼくの名きんちょうだ
名古屋 六歳 たけだゆうき おばあちゃんしぼりのマフラーかわいいよ
桜川 小一 中原 侑士 春となりもうすぐぼくはお兄ちゃん
犬山 小一 西田あかり 初スキーいっぱいころんでいたかった
名古屋 小三 武田 春紀 からくりが夢と字を書く冬の昼
小牧 小三 稲山 瑠莉 父さんはでかくてすごい雪だるま
犬山 小四 西田  希 手袋を外して小銭のお買い物
瀬戸 小六 澤田 和貴 除夜の鐘父と一緒に百円で
犬山 小六 西田  栞 そろばんの迎えを待ってる冬の夜
一宮 中三 澤田 侑吾 凍る道滑らず歩くテストの日
一宮 高一 岩田 彩楓 柚子の皮包丁ねかせ薄くきる
 豊川 小五   斎藤咲来  初春や清少納言暗唱す
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 平成31年3月号
  ☆特選☆
 
 豊田 小三 新實 颯太 新年のあいさつをして両手出す
選評

颯太君、新年のあいさつのあとはお年玉を貰ったのですね。両手を出して貰うのですか。

 この句の面白いところは、お年玉と言わないで、お年玉を詠んでいることです。分かっていることは言わない、言わないで読者に伝えることは大人でも必要なことです。

 ☆秀逸☆
 
蒲郡 四歳 みついゆうり くもさんとかくれんぼだねふゆのそら
名古屋 小二 安部はるか 朝おきて犬とストーブとりあった
名古屋 小三 武田 春紀 冬のむかでひげはうごくがにげないで
犬山  小四 西田  希 お年玉だれでもいいからもう一つ
岡崎 小六 仁木 直樹 冬の風耳にてのひら当ててみる
 ☆入選☆
 
名古屋 五歳 たけだゆうき ふゆまんげつきにかくれたらねこがきた
岡崎 小一 伊藤 愛子 初空はいつもといっしょ青い空
名古屋 小一 淺原 沙水 ちゃいろの木葉っぱがなくて雪の花
犬山 小一 西田あかり 大なわとび息をあわせて大ジャンプ
小牧 小三 いな山るり 待ってるよ早く来ないかサンタさん
大分 小三 飯田 涼乃 弟がにゅういんしちゃったクリスマス
岡崎 小四 山中 陽一 おぞうにのおもちが伸びるまた伸びる
半田 小五 荒川 惟孝 枯れた木がつららのように枝たらす
岡崎 小六 塚本 哲夫 くつ下を二重にはいた冬の夜
瀬戸 小六 澤田 和貴 二年ぶりかぜで欠席二日間
一宮 中三 澤田 侑吾 勉強と常に一緒だ冬休み
東広島 高三 田中 絢野 夕暮れに沈みゆく町悴みぬ
 
  伊吹嶺ジュニア俳句 平成31年2月号
  ☆特選☆
 
名古屋  小三 武田 春紀 赤ちゃんの顔の大きさかりんの実
選評

 春紀君、赤ちゃんの顔と同じ大きさのかりんの実だったのですか。そんな大きなかりんの実もあるのですねこの句はいわゆる取り合わせの句です。その取り合わせに同じ大きさを発見した句です。既に小学三年で取り合わせの妙を詠んだところが新鮮です

  ☆秀逸☆
 
土岐 小五 林  凜凪 日が沈み影は下から伸びていく
員弁 小五 南部 陽哉 太陽が本気になるとめちゃ暑い
員弁  小五 柳瀬 史弥 プール行き水の量より人の量
岡崎  小六 小坂  慶 秋の昼ジャングルジムの影四角
東広島 高三 田中 絢野 凍て星や血管青く透けてゐる
 ☆入選☆
  
蒲郡 五歳 ひろなかみくり ぶんかのひピアノひく手がいそがしい
名古屋 五歳 たけだゆうき にわそうじにじいろのおちばひろったよ
福岡 五歳 いいだはると おつきさまよぞらにうかびごあいさつ
名古屋 小一 淺原 沙水 満月と大きな雲のかくれんぼ
蒲郡 小二 加藤日南乃 カーテンのむこうは赤い冬夕やけ
名古屋 小二 安部はるか 北風がわたしをおして走ってる
小牧 小三 いな山るり 一番に先生に書く年賀状
福岡 小三 飯田 仁平 落ち葉さん家までおいでくつの底
半田 小五 荒川 惟孝 淡い空Uターンする白い息
犬山  小六 西田  栞 塾帰り秋の夕暮れ長い影
名古屋 中三 國枝 陽和 はしゃぐ子と黄金の甘藷の香気かな
一宮 中三 澤田 侑吾 年賀状書きいる膝に犬温し
 犬山 小一  西田あかり みかんがりなんことったかかぞえてる
 土岐 小三  林 かんな  日が沈みかげがどんどんのびていく
 犬山 小四   西田 希 はなれない朝暖かいかけぶとん
瀬戸   小六 澤田 和貴   紅葉や本にはさんで持ちかえる
 
 伊吹嶺ジュニア俳句 平成31年1月号
 ☆特選☆
 
名古屋  小六 野瀬 彩名 騎馬戦でうろこ雲までとっちゃいそう
選評

彩名さん 騎馬戦の騎手だったのですか。それとも見ていたのですか。うろこ雲まで手が届いたと思ったのですね。

 この句は情景がよく見えます。運動会の騎馬戦の騎手とその上に広がるうろこ雲との視点が地上から空へ動いていく様子を描いています、その仲介役を手が担っている情景の構成も見事です。
  ☆秀逸☆
 
名古屋 小二 野瀬 唯名 長なわとびコスモスゆれて私ゆれ
長久手 小五 木村  旭 空一面目が回りそう鰯雲
員弁  小五 野田いぶき 初盆でおかえりなさいひいばあちゃん
員弁  小五 神谷 優佳 夏休み宿題あとでと日がくれる
一宮  中二 岩田 萌花 地蔵さん山の紅葉をひとりじめ
 ☆入選☆
 
名古屋 三歳 安藤 加緒子 お月さまきれいだずっとみていたい
名古屋 五歳 たけだゆうき どんぐりごまテーブルすべりおちちゃった
福岡 五歳 いいだはると おつきさまひこうきぐもにかこまれて
名古屋 小二 安部はるか かあさんのみやげにひろうどんぐりを
名古屋 小三 野瀬 遥月 ターザンロープ秋風をつっきって
小牧 小三 いな山るり 雲さんとかくれんぼして十三夜
福岡  小三 飯田 仁平 十六夜の月の名前がカッコいい
犬山  小四 西田  希 ワクワクの秋の遠足ごんぎつね
半田 小五 荒川 惟孝 ざりがにの冬眠の穴水がない
員弁  小五 岩田 実桜 花火見て心の中も花が咲く
員弁  小五 塚本 珠夕 かき氷山は黄色のふじさんだ
一宮  中三 澤田 侑吾 秋夕焼染まる僕らの帰り道
 犬山 小一  西田あかり  かまきりが大きなかおでかまえます 
名古屋  小三  武田 春紀  木の実こまとがっているとよく回る
東広島   高三  田中 絢野 鶏頭や頁よれをる時刻表 

 
 伊吹嶺ジュニア俳句 平成30年12月号
  ☆特選☆
半田  小五 荒川 惟孝 人間の観察をする赤とんぼ
選評

惟孝くん 赤とんぼが人間を観察しているのはなぜですか。赤とんぼの大きな目からそう思ったのですか。
面白い逆転の発想です。人間は赤とんぼの目が大きいことを観察しています。しかしこの句は赤とんぼが主役で、その大きな目は観察する目だと考えたのです。その観察先が人間だったのです。その発想が面白いと思いました。

 ☆秀逸☆
 
タイ  小三 冨田 遥介 お月見だばあは日本でぼくタイで
名古屋 小三 武田 春紀 わがママはわがまますぎるまんじゅしゃげ
土岐  小三 はやしかんな 台風でうんどう会がとんでいく
一宮  中三 澤田 侑吾 流れ星止まれと願うこの時間
一宮  高一 岩田 彩楓 霧消えて町と伊勢湾あらわるる
  ☆入選☆
 
名古屋 五歳 たけだゆうき きいろいつきたべてみたいなおいしそう
福岡  五歳 いいだはると たいふうだおうちでパズルたのしいな
名古屋 小一 淺原 沙水 ひがん花せんこう花火のかわりだね
大阪 小一 中川 光司 おばあちゃんの庭でばったとあそんだよ
豊田  小三 小林啓太カ せん風きだきついていて母おこる
豊田  小三 木下 一美 谷川へすいこまれていく夏ぼうし
小牧  小三 いな山るり お月さまわたしといっしょについてくる
京都  小三 田村 秋嶺 ぶどうがりふくろがすべてむらさきに
福岡  小三 飯田 仁平 運動会えんきになってもがんばるぞ
土岐  小五 林  凜凪 風がふき山は黄色と赤になる
岡崎  小六 池田 右京 ピチピチと泡はじけるよソーダ水
瀬戸  小六 澤田 和貴 ばあちゃんち鈴虫の声おでむかえ

 伊吹嶺ジュニア俳句 平成30年11月号
  ☆特選☆
 
名古屋 小一 櫛下 渓人 この雨ってにゅうどうぐものなみだだよ
選評

渓人くん、よく雨がにゅうどうぐものなみだということが分かったのですね。よく見るとそのとおりですね。
 一般に比喩がよく使われます。その時、比喩がふさわしいかが問題になります。そして子ども目線の比喩が的確かどうかが問題になります。そういう意味でこの比喩は子どもらしさが溢れています

 ☆秀逸☆
 
 横浜 四歳 かとうともやす あぶないよセミにぶつかるケンケンパ
桜川 小一 中原 侑士 えんぴつといっしょにすぎるなつやすみ
名古屋 小二 あべはるか みなりがそらをたたいてなっている
岡崎 小六 御厨 睦美 夕焼けや母と子のかげ手をつなぐ
員弁 小六 伊藤 百恵 世界一大きいプールそれは海
  ☆入選☆
 
蒲郡 小一 廣中 一瑛 おばけやしきちだらけのくびめのまえに  
犬山 小一 西田あかり ひまわりがぐんぐんわたしをこえていく  
小牧 小三 いな山るり おばあちゃんとなすのお馬を作ったよ  
土岐 小三 林  奏那 ママが切るなしにあつまるひるさがり  
福岡 小三 飯田 仁平 夕方に真っ赤にそまったねこじゃらし  
大分 小三 飯田 涼乃 山のぼり勇気を出して岩場へと  
犬山 小四 西田  希 ひまわりの咲き出す競争始まった  
宜野湾 小四 かわむらじんせい つくつくぼうし鳴いてもうすぐ二学期だ  
半田 小五 荒川 惟孝 かまきりが小鳥をまねて肩の上  
名古屋 小六 田口 琴音 夕だちがザアザアザアと泣いている  
瀬戸 小六 澤田 和貴 食べられる小さな避暑地チョコアイス  
東広島 高三 田中 絢野 づの中くるりくるりと新豆  
名古屋 四歳 いいだはると まんげつがくもにかくれてさようなら  
名古屋 五歳 たけだゆうき カップルがせいりつしてるあげはちょう  
郡上 小二 むらせりん なつやすみたのしかったよレゴランド  
名古屋 小三  武田 春紀 朝のせみやかましすぎて目がさめた   
 小牧 小三 加藤みはね   水泳の表しょう台銀メダル  
 土岐 小五  林  凜凪  見上げると空のしずけさ昨夜の花火  
 一宮 中三  澤田 侑吾  盆提灯飾りて語る祖母と僕  
 
   伊吹嶺ジュニア俳句 平成30年10月号
   ☆特選☆
 
東広島 高三 田中 絢野 洗ひ髪ビードロに息とぢこめる
選評

絢野さん、風呂上がりにビードロを吹いたのですか。ゆったりとした時のビードロはどんな音色だったのですか。 この句の「洗ひ髪」と「ビードロ」の取り合わせが絶妙です。洗髪したときの開放感で吹くビードロのなつかしげな音が印象的です。さらに「とぢこめる」の発想も素晴らしいと思います。

 ☆秀逸☆
 
蒲郡 四歳 三井ゆうり くちあけてかぜがおいしいせんぷうき
土岐 小三 林 かんな せんぷうきの風をおいかけみぎひだり
今治 小三 近藤 沙紀 あじさいがピカピカ光る雨上り
犬山 小四 西田  希 うるさいなパパのいびきとセミの声
長久手 小五 木村  旭 森の宿眠らせてよねせみしぐれ
  ☆入選☆
 
福岡 四歳 いいだはると さかなさんうみでしょっぱくないのかな
名古屋 五歳 たけだゆうき なつやすみむぎちゃをらっぱのみしたよ
犬山 小一 西田あかり

しおもみのきゅうりのしるはみどりいろ

名古屋 小三 武田 春紀 さるすべりさるがのぼってすべらない
名古屋 小三 野瀬 遙月

ペンギンのへやに入りたい夏休み

小牧 小三 いな山るり いもうとと初なりトマトとりに行く
福岡 小三 飯田 仁平 花火の音むねにひびいてスカッとした
大分 飯田 涼乃 せみさんはからから出るのがいのちがけ
半田